まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・鳥取
平尾貴志

デジタルスキルを学ぶ場を提供する人材育成のプロ

平尾貴志(ひらおたかし)

有限会社クレイド

コラム

明日から7年目!デジハリはさらに躍進します!

未来の話

2018年12月2日 / 2018年12月13日更新

こんばんは、デジタルハリウッドSTUDIO米子の桂藤です。

今日は、カフェ・ジャルディーノにて、デジタルハリウッドSTUDIO米子の6周年パーティを行いました。

この周年祭をはじめたのは4周年からです。
毎回40名を超える関係者の人が集まり、みんなでわいわい楽しく過ごすパーティです。

今年も、本当に多くの方がお祝いに来てくれて、
それぞれが色んな人達と交流することができたのではないかと思います。


卒業生が大きく羽ばたいた6年目


今年は、本当に多くの卒業生が大活躍を見せました。
東京で行われるコンペで13人の内3名がノミネートされ、
内一名は3名受賞の内、審査員特別賞を得る事ができました。

また、STUDIO米子の卒業生は多くが在宅やフリーランスとして活躍しています。そんな卒業生の声が聞きたいと、山口県や長崎県対馬に新設されたSTUDIOに呼ばれ、講演をしに行ったり…

中には、東京の大きなプロジェクトの主要メンバーとして、卒業生が何人も関わったりと、STUDIO米子を卒業した人達が、全国からお呼びがかかるクリエイターとして、デビューできた年となりました。


教育の成果は、何年後にでるか分からない。


私たちデジハリも6年間ずっとWebデザイナーを育成しながら思っていたのですが、教育とうのは一時のフォローではなかなか芽はでてきません。

人それぞれの成長速度があり、すぐに結果が出る人でも1年以上かかっています。

デジハリで学ぶ期間は約半年。
半年間みっちり学んでも、その後のスキルアップが止まってしまえば、望む結果が出るまでは、相当な時間を要します。

私たちは、卒業した後、みんなが継続して活動してもらえるように、卒業生クリエイター集団、米子コンテンツ工場を2014年に設立いたしました。

米子コンテンツ工場は卒業したあと、一人でまだ活躍するのに不安がある人や、一人ではなかなか受けられない仕事をサポートする場所。

米子コンテンツ工場は受講に含まれませんが、米子という土地では、卒業後すぐに独立できるクリエイターになれる確率はとても低いのです。

なので、そのフォローとして生まれたのが米子コンテンツ工場。
今回県外で活躍するメンバーも、全ての人が米子コンテンツ工場を通して、卒業後もスキルを磨いてきたメンバー。

中には米子コンテンツ工場で今もディレクターとして活躍する人もいますが、米子コンテンツ工場を卒業し、地元企業でWebマーケターになった人もいます。
更には、自身でデザイン事務所を立ち上げ、地域活性に取り組む人も居たりとほんとうにすごい活躍を続けています。

教育というのは、中々結果が出てくる物では無いと思います。
ツールが使えるようになっても、すぐに賞がとれるデザイナーになる人は今までに居ませんでしたし、希望収入に追いつくのも、経った半年では中々難しいものです。

でも、2年、3年と経つとはじめる前の自分とは全く違う働き方を成功させている人が本当に多くなりました。

周りからの信頼度も高く、人から頼りにされるクリエイターとして、地元で活躍するクリエイターに成長しています。

今日は、そんな努力が実を結び、自分らしい仕事が出来ているメンバーが集まり、これからクリエイターを目指すみんなの後押しをしてくれたのではと思っています。

米子コンテンツ工場の名前もだんだん知られる様になり、今日来てくれたメンバーの中には、米子コンテンツ工場を通じて一緒に仕事をしている人達も沢山来てくれました。

米子と、岡山真庭市でどんどん動くメンバーが今日はあつまり、とても濃厚な1日になったなと感じています。

来ていた人はみんな複数の肩書きを持ち、ひとつの事に縛られない活動をしている方が多かったと思います。

このパーティをきっかけに多くの方が一緒に組んで仕事をしてくれるようになるのではと期待しております!

教育というのはすぐに結果が出る物ではなく、
失敗や挑戦を続け、やり続けた人にしっかり結果が帰ってくもの。

デジハリに居る間だけでは足りませんが、
これから先も、2018年と同じく、もっともっと、卒業生や受講生が活躍する場所を作って行きたいとおもっていますので、みなさんもこれからのデジハリの活躍にご期待ください(笑)

この記事を書いたプロ

平尾貴志

平尾貴志(ひらおたかし)

平尾貴志プロのその他のコンテンツ

Share

平尾貴志プロのその他のコンテンツ