まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・鳥取
平尾貴志

デジタルスキルを学ぶ場を提供する人材育成のプロ

平尾貴志(ひらおたかし)

有限会社クレイド

コラム

ちいさくコツコツ。「同時にひとつの事しか出来ない」を封印しよう!

経験値アップ

2018年11月29日 / 2018年12月13日更新




こんにちは!デジタルハリウッドSTUDIO米子の桂藤です。

今日は米子商工会議所にて、Webディレクターセミナーを開催致しました!

参加人数が少なかったので、みなさんの現状からどんな課題があり、どんな企画で課題解決するかなど、ワークの様な流れで進めることが出来ました!その中で、最近受講生や、卒業してデザイナーデビューした人たちが最初にぶつかる問題について、私なりの解決策を書いてみたいと思います!

初期ほど、パンクしやすい。タスクが多くて大変な人へ


デザイナーをやり始めた頃、実は私も同じ症状に陥りました。
やらなきゃいけない事がたくさんあるのに、1つに集中すると、ほかのことも気になったり、集中力が途切れてしまったり。

そこで、私は「同時にやろうとするからダメなんだ、ひとつひとつやっていこう!」と考えるようになりました。
一見良さそうに思えるのですが、これにはひとつ罠が…
1つに絞ると、他のものが出来ないので、仕事を断ったり、引き伸ばしてしまったりしました。

そして、気がつけば、どの仕事も来なくなってしまったのです。

そりゃそうですよね、お願いしたいのに断られたり、ひとつしか出来ないって言ってる人にそれ以上お願いしようとは思いません。
その時は分からなくて、なんで仕事くれなくなったんだろう?くらいに思ってました。

でも、今私がディレクターになって同じことを言われると、そうか、無理なら仕方ない。他の人にお願いしよう。ってなるんですよね。
で、中には沢山受けてくれる人もいるんです。そんな人にはどんどん仕事が頼みたくなるし、次もお願いしたくなる。
そのうち、最初に頼んでいた人のことはまだ忙しいのかなーと思って声をかけなくなってしまう。

どちらも悪くないのですが、これは実はちょっとした工夫でお互い仕事を継続する方法があるんです。



1つしかできない時の、解決方法は細分化する事!


まず最初に言っておくと、同時に二つの事が出来る人はいないんです。

せいぜい食べながら考えたり、お風呂入りながらブログを書く(今の私!)くらいでしょうか(笑)

同時に二つの仕事を出来る人はいない。
でも、私は今、
デジタルハリウッドSTUDIO米子のトレーナーをしながら、運営もして、個人事業主として制作もしています。
さらに、卒業生と一緒に作るサイト制作や企画では、ディレクターとしてもタスクをこなしています。

みんなに、よく同時にこんなに回せますね?と言われますが、私も全て同時に動いているわけじゃありません。

コツは、ひとつの仕事を細かく区切る事!

サイト制作を細分化すると、
1. 打ち合わせ
2. 見積もり
3. 企画書
4. サイト構成
5. 仕様書
6. サイトのレイアウト、設計図(ワイヤーフレーム)
7. 打ち合わせ
8. デザイン
9. 修正
10. コーディング
11. 修正
12. 公開作業
13. 運営

これらは、終わるたびに人にお願いしたり、確認を取ったりする作業です。

実はこれはひとつの作業だけに絞れば、何日くらいでできる、または、一日もかからない作業なんです。

でも、大抵の初心者クリエイターは、
サイト制作で、2ヶ月後には納品。
その間は何も入れないようにしよう。
ひとつに集中しよう。となっちゃうんです。

でもこれはとても非効率で、正直お金にもなりません。逆に細かいタスクに分けてないので、スケジュールが大雑把になり、一つがヤバくなると全部のスケジュールが厳しくなって、たちまちキャパオーバー!

パンクしちゃって、もう出来ない。と自信を喪失してしまう最悪の結果をもたらします。


解決法2つめ、締め切りをつくること。


もう一つ、上で少し話しましたが、ひとつのタスクを細かくしたら、今度はひとつひとつにスケジュールを組みます。

締め切りが作れたらさらに1つのタスクを細かくします。

例えば、デザインなら、
1. トップデザイン
2. スマホページデザイン
3. 下層ページデザイン
4. 下層スマホデザイン



と言った感じで更に細分化。今度は自分の中で、またこのひとつひとつに締め切りをつけます。
こうする事で、必要な時間や、空いた時間が見えてくるので、そこに別の仕事を入れたり出来ます。

ひとつのことしか出来ないと言いますが、ひとつのことで煮詰まった時には、他の仕事をする事で、リフレッシュ出来るんですよ。

煮詰まった仕事が進まないことの方がストレスを抱えてしまいます。

今日はとりあえず1つのタスクを何時までに終わらせよう!という目標が他の仕事も同時に動かせるコツだと思います。

私もこの方法で、「とりあえず、ここまでやって次の仕事しよう。」と唱えながらタスクを少しずつ終わらせています。

こうすることであら不思議!
いつのまにか、同時に何個ものタスクが終わっている!なんてこともあるんですよね!

ベテランクリエイターほど、自分の正確な作業時間や、かかる時間を知っています。

だから、空き時間もわかって、仕事を入れる事が出来るんですねー。

初心者は、まだ自分が何時間かかって出来るかは分かりません。

でも、だからこその目標です。
これは、何時間で終わらせよう!
一日だけで、80%まで完成させよう!などなど。出来なくてもそれは目標が最初にあれば、100%にはあとこれくらいかかりそうだと予想が出来るようになっていきます。

もっともやってはいけないのが、完成までが締め切り。という考えです。


仕事と趣味の違い


そもそも、仕事と趣味の違いってなんだと思いますか?

私は、締め切りがある事だと思います。
もうちょっと詳しくいうと、
仕事とは、誰かと、なにかと交わした約束だと思います。

相手がいる事ですね!
だから、お金が発生するから仕事、無償だから仕事じゃないとかっていうわけではなく、誰かと、何日までに何の目的で、何を作るのか。を決めた約束事が、仕事かなー。
と私は思います。

趣味でイベントに参加するとこだって、イベントのお客様や、主催者と、何日までに何を用意するかと約束を交わしてるので、仕事に入るかなと思います。

趣味は誰とも約束してなくて、締め切りもなく、いつまででもやってても誰も文句を言わない事じゃないでしょうか?

だから、締め切りがないものは趣味になり、お客様との締め切りを軽視してしまうのかもしれません。

イラストやデザインは、ゴールがありません。言い換えれば、時間さえかければ、誰でもデザインや、イラストはかけると思います。

でもプロは時間内に仕上げ、お客様との約束を守れるから、約束の対価としてお金をもらっています。

もし、クリエイティブな事でお仕事としてちゃんと稼ぐのであれば、そういう約束をしっかりまもってやることが大事なのかなと思います。

今回のことで一番よくないな!と思ったのは、自分にはひとつの事しかできないと決めつけちゃうこと。これしちゃうとそこから先には進めなくなってしまいます。

なんでも回数をこなせば、少しずつ上達するし、効率だってよく出来る様になるので、最初は小さな事がひとつずつしかできないかも知れないけど、
自分にできる小さなタスクに分けていくことができればかならず同時に色んなことも進められるようになれるはず!

みんなもぜひ真似して小さなタスクから終わらせてみて!
きっと不器用な人でも上手く行くはず。

私だって、今もこれをがんばって継続中。
まだまだ見通しが甘くて大変なことも多いのですが、最近は日記を上手くつかうことで、小さくコツコツ。
ができているなーと感じます。

みなさんも、自分にはひとつしか出来ないから、と思う前にぜひお試しあれ!

この記事を書いたプロ

平尾貴志

平尾貴志(ひらおたかし)

平尾貴志プロのその他のコンテンツ

Share

平尾貴志プロのその他のコンテンツ