まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・鳥取
平尾貴志

デジタルスキルを学ぶ場を提供する人材育成のプロ

平尾貴志(ひらおたかし)

有限会社クレイド

コラム

続ける為の場所と人

最新情報

2018年11月25日 / 2018年12月13日更新

デジハリ美術部開催しました!


こんにちは、デジタルハリウッドSTUDIO米子の桂藤です。

今日は、月に二回開催中のデジハリ美術部の日でした。
10月から開催しているデジハリ美術部も3回目。





今日は4名の参加と、参加者は少なかったのですが、キャラクターデザインを1から描いて、みんなで意見を交換し合うことで、自分のレベルや実際に何の為に絵を描いているのかなどを見つめ直す事ができたようです。



一緒に描くから続けられる






参加した方のアンケートに、
「人の絵を見て意見を言うのは新鮮、自分の意見を言い合うのが楽しかったり、人からの意見も新鮮。もっと設定をきめられるようにしたいです。」
「絵について他の人とのコミュニケーションをとれるようにしたい。」
「設定をもっと練り込めるようになりたい」
こんな意見がありました。

もっと〜したい。って自分で気がつければいいのですが、
どこまで上手くなりたいのか、何をできるようになれればいいのかって
とても曖昧になってしまいます。

実際参加した人達の最初のアンケートでは、絵が上手くなりたい。
自分のレベルが知りたい。と言う意見が多くありました。

でも、参加するうちに自分の苦手な箇所や人とくらべてここができている、足りていない箇所、そんな場所が見えてきて、
何をしたいのか、具体的になって来ていると感じました。

イラストやデザインは上手くなりたくても、これが上手いの正解だという答えがありません。

人に良いね!と言ってもらえたらそれが正解だったりします。

でもそれは、みんなでこうしたら良いんじゃないかという意見交換があるからこそ、次はこうしよう!って目標が出てきますよね。

クリエイティブなことって、個人が作る物だから、人にどうこう言われて作るもんじゃ無いと言われることもありますが、
一緒にやるからこそやる気やモチベーションが上がることって多々あると思います。


続けるための場所が必要






独学で学ぶ事、制作することってとっても大変だと思います。
私はたまたまWebが流行りだしたころで、Twitterとかもはじまったばかりだったので、みんなが手探りでWebを作り始めたころにWeb制作をはじめました。

みんなが四苦八苦してましたけど、そのときもTwitterやmixiでWeb制作をしている仲間がいたから、続ける事ができました。

鳥取という狭い県では、クリエイティブな事をしようとすると、
イラスト描いてても、仕事にできる人なんて居ないよ。
デザイナーなんてこっちでやっても無理でしょう?
”そんなことしている人、見たことないよ”
って言われるんです。

まぁ実際私がこの仕事始めて思ったのは、
デザインしてます、イラスト描いてますって人に言う機会なんてめったになくて、大抵の人ってあの人何してるの?ってくらい人の職業なんてしらないですよね。
名刺交換したら分かるけど、普通に町歩いてたら全然分からない。

ちょっとお洒落な格好してたら、アパレル関係の人か、美容関係の人かな?って思われるくらいです(笑)

でもそれは美容室やアパレルショップが町にあるから、そこで働いている人はいるだろうという認識。

デザイナーやイラストレーターはどこでも働けるので、
スタバに居るかも知れないし、家で仕事してるかもしれない。

自分の身近に会社がなければ、その職業自体、地元には無いとおもわれているんですね〜これはびっくりしました。

そこまで視野が狭い県、鳥取県(笑)
でも、ほんとにこの仕事しててよく言われます、そんな仕事している人始めて見た〜とかって(笑)絶滅危惧種か!

でも、そんな分からない人たちだからこそ、同じ仲間が欲しいんですよね〜!!
イラストレーターにしか分からない大変さや嬉しさ、
デザイナーにしか分からない事情や歓び。

こういう意見を同じ人たちと話し合いたいんです!
そうやって情報交換することで、今大変な事があってもみんな頑張ってるから私も頑張らなきゃってなるんですよね。


人材育成は場所づくりから






デジハリに入ってから、私もこの仕事の楽しさが良く分かる様になりました。前に働いていた箇所では、最初は楽しかったんです。

覚える事も一杯で、仕事は新しい事を始められるわくわくが一杯。

でも、6年も続けているとだんだん新鮮さも無くなって、何の為に仕事をしているんだろう?と思うようになりました。

でも、今同じ制作をしていても、全然そんなふうに思わなくなったんです。
それは、みんなが好きな物にむかってがんばっているから。

やりたい、いつかこうなりたいんです!
と目を輝かせて頑張っている場所は、自分自身のモチベーションを最高潮まで高めてくれます。

デジハリを卒業した人が、何年かしてデジハリのトレーナーとして働く事があるのですが、みんな言うのは、受講生のみんなに癒やされた。
私もがんばろうって思えました。って話します。

会社で一つの目標にむかって、全員ががんばっているかというと、
そうじゃないですよね。

会社員の中には、生活のために、お金のために働いていて、やりがいとか会社に貢献とかそんなに考えてない。
そんな人いませんか?

いや、実は昔の私がそうだったんですよね。
会社に入るのは、とりあえず、収入になって、死なないためかなと(笑)

でも、そうじゃないんですよね。
自分がもっとやりたくなる環境にいれば、仕事だって続けたくなるし、仕事以外の時間だって楽しくなるんです。

美術部も同じで、仕事では自分のやりたい事じゃないかもしれないけど、好きなイラストを美術部で思いっきり描いて、
同士で意見交換をしたい!そんな人たちを応援したくて始めました。


クリエイターの集まる場所






デジハリができてからもうすぐで6年目が終わってしまいます。

この6年間、本当にあっという間でした。
オープン当初は、Webデザイナーって最高に楽しい仕事だから、みんなが出来る様になればいいのに!って思ってました。

それから6年経ち、今はWebだけじゃない。
みんなが好きな事を思いっきり学んで、人よりも得意な事に変え、
得意な事を仕事にする。そして、仕事を楽しくする。

これがデジハリの役目だと思っています。
デジハリって場所はタダのスクールなのですが、ここで出会った人や出来事は、一生ものだと思います。

最近では、卒業生のデジハリで出会った人と仕事が楽しく出来ています。
デジハリで知り合った人とずっと交流がある。
卒業生のあの人が頑張っているから、私ももっと頑張らなきゃっておもいます!と言う人が増えました。

学びよりも、人との出会いが人の人生を変えていると思った瞬間でした。

学びは自分自ら始めて、ずっと続くもの。
でもその続けるための原動力は、結局は人なのかもしれません。
一緒にやる人、共感してくれる人、後押ししてくれる人、叱ってくれる人…どれも人生には必要な事ですね。

デジハリではみんなが同じ目標を持ち、未経験ながら上を目指して頑張っています。その時に背中を押すのは、私たちトレーナーだったり、家族だったり、デジハリで出会った仲間。

私はこれからもクリエイターが集まって、お互いを伸ばし合う場所づくりを続けて行きます。

クリエイターになりたいと思っていたけど諦めた、地元では難しいと思った人はぜひデジハリに遊びに来てみて下さい。

デジハリに来たら分かると思います。
みんなが不安を抱えながら、でもみんなで支え合いながら目的に向かって目を輝かせて学んでいます。

私も、みんなのおかげで、とっても毎日楽しそうですね!と言われます。
私があまりに楽しそうだから、この仕事楽しいんじゃ無いか?と思われるみたいです(笑)

でも、私が楽しそうに見えるなら、もしかしたら今の自分の環境が楽しくない人かもしれません。
既に楽しい人は私がそう見えないで、忙しそうだよね?大丈夫って言ってきますから(笑)

デジハリに来たらみんなが楽しそう!って思ったら、もしかしたら今の環境を変えてみるチャンスかも知れません。

楽しそうな人たちの周りに居れば、自ずと楽しい事が舞い込んでくると思います!ぜひ楽しい事にみんな、巻き込まれて下さい(笑)

一度何かのイベントきっかけでもいいのでぜひお出かけくださいね!
今度、米子商工会議所でイベントも行いますので、
興味がある方はぜひご参加くださいませ。


Web初心者向け Webディレクターのお仕事セミナー開催!


セミナー概要
Web制作の進行を務めるWebディレクター。
Webディレクターってどんな仕事なのか、必要なスキルは何か?を現役Webディレクターと、デザイナーがお互いの意見をバシバシ言い合ってお教えします!
Webの運用でお困りの方や、Web業界に興味のある方は是非お越し下さい

11月28日(水)13〜15時
米子商工会議所 会議室
Web初心者向け Webディレクターのお仕事セミナー
講師:株式会社ダブルノット 体表取締役 髙林努 
    デジタルハリウッドSTUDIO米子 桂藤陽子
参加費無料

お申込みは 0120-110-047
または下記Webフォームから
Webディレクターセミナーイベントお申込みフォーム

この記事を書いたプロ

平尾貴志

平尾貴志(ひらおたかし)

平尾貴志プロのその他のコンテンツ

Share

平尾貴志プロのその他のコンテンツ