まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・鳥取
平尾貴志

デジタルスキルを学ぶ場を提供する人材育成のプロ

平尾貴志(ひらおたかし)

有限会社クレイド

コラム

人に会うこと、話すことで進化しよう!

知ってるとちょっと嬉しいお話

2018年11月19日 / 2018年12月13日更新

仕事あとの飲み会

今日はSTUDIOはお休み。
こんなにはいつもよりゆっくり寝て、ダラダラ過ごしたい…とこですが、今日は個人的なお仕事の打ち合わせがあり、昼過ぎから外出しました。

一年くらい前に人を通じて知り合った方で、今Webサイトの制作や、サポートをさせてもらっているところへ打ち合わせ。

でも、私の打ち合わせはほんの30分ほどで、後はずーっと雑談してました。


打合せより雑談が大事


私は打ち合わせでそんなに仕事のこと話すことがありません。

それよりももっとその人の話が聞きたかったり、最近聞いた面白いこと、良かったことを共有しあう事が大好きなんです。

仕事のことって、要は何と何をしたらいいのかってゴールさえ決めて、話し合えたら後はお互いがお互いの得意なことをしたらいいですよね。

打ち合わせで、じゃあどうしますか?とかって時間が無駄だなーと思っちゃうのでやりません。

でも、雑談はする(笑)
これは時間が無駄かというと全然そんなことないんですよね。

話してるうちに、相手の事がよく見えてきて、相手のお客さまはこんな人がいるって事が見えてきます。

だから、雑談を通して私は打ち合わせしているようなもの。

そうやって話す事で、あ、こんな提案がいいかも。こんなデザインにした方が、お客様に合いそう、などなど浮かんでくるんですよね。


今日も、仕事の話はさくっと終わらせて、その後はお互いの仕事についてや、友達のこと、文房具の事などたくさんお話ししました。

本当にこういう会話って大事だと思います。サイトを作るとき、デザインを考えるとき、みんなヒアリングシートなど用意して必要なことを聞いていきますが、小さなショップや、個人経営の企業なら、オーナーととにかく話す事が1番!

その人がなぜこのビジネスを選んだのか、どんな失敗や成功があったのか。

ここから得られるものは、打ち合わせないようだけでなく、自分の選択肢もひろがります!



インプットとアウトプットが楽しいんだよ!


聞いてインプット、
そして帰ったらすぐにアウトプット。

人と会うときにただ近況報告するってこともあると思いますが、情報の共有として会うのも大事だなぁ、と感じます。

さらに、自分の学んだことや、忘れたくない名言などは人に話して共有することで忘れられないものになります。

入れたらまずはすぐ出してみる。
これ。とてもシンプルだけど難しいんですよね。

今日、たまたま帰りに本屋に寄ったら、私のこの考え方のきっかけになった人の新刊でした!
しかも、この、タイトル(笑)


読書

思わず二度見してしまいました。
丁度今日お話していたことが、本屋で目の前に!
ま、これって結局脳科学的にはあたりまえのことらしいです。
自分が欲しい情報って、目に入ってくるから偶然!って思っていても
それは必然なんだそうです。

でも、ちょっとみただけておもしろそうなので、この2冊買っちゃいました。
「結局、人生はアウトプットで決まる」 著:中島 聡
「死ぬこと以外かすり傷」 著:箕輪厚介

まだパラパラっと見ただけですが、
インプットとアウトプットのやり方はかなり面白かったです!
どちらも大事なポイントが分かりやすくてクリエイターとして知っておくと良いことが満載です。自分をプロデュースする方法、継続するためのポイントは、とても納得出来る物でしたね。

人は、自分が夢中になれるものしか継続出来ない。
結局はこれに尽きるのかなと。
なんとなく周りがそうだからはじめてみた。
そこまではイイと思います。でも初めて見てどうだったか?は毎日の様に自分に問いかけて欲しいですね。

そのテーマは自分に合っているのか?楽しいのか?魅力的なのか?

魅力があればずっと続けられます。
ブログを書いたものの、続けられないから辞めよう。という人も多いと思いますが、これもブログを書く行為が合わないのではなく、
書いているテーマに魅力がなかったり、書くツールが良く無いとかそんなことが原因であることもあります。

ブログが合わない。
SNSが合わない。
デザインが合わない。
これらは全て手法なので、目的とは言えません。

だけど、みんな手法から入って「何がしたいのか」が分からぬままスタートして続けている。
これは続きませんよね。

Youtuberになる!って目標があるとします。
これも実は手法の一つなので、Youtuberになって何がしたいのか?
これが意外と考えてない人が多いですね。
Youtuberになって、何がしたいの?そう聞いてくれる友達がいれば、考えるきっかけになるかも知れません。

年収1000万円で、世界中を旅するクリエイターになる!
こんな目標だといいですね。
じゃあ1000万円稼ぐには何をしたらいいのか?
Youtuberも、ブログも、SNSも、デザインもすべてやってみて試せる。
その中でこれが一番楽しくて続けられる!ってものをしたらいいのだと思います。

こういうのって、人と話すことであ、目的がなんだったか分からなくなってる気付くことが多いと思います。

「今、英会話はじめたんだよね!」
「え!すごい!何で始めたの?」
「なんとなく…でも、そうだなー海外の人ともっとコミュニケーションがとりたくて…」

と言った感じで、自然な会話の中で、自分の本当にやりたかった
目的とかが明確になって来ますよね。

私はいつも人と話すときに
何でそうしたの?何でそこに行こうと思ったの?とよく聞きます。
今こんな事してて〜っていう人と話すのは本当に面白いですよ。

イラスト描いてても、みんな目的はバラバラだし、
デザイナーさんも目的はバラバラ。

聞くことで、私もそれ、いいなーって思ったらすぐ真似したりします。
真似してやってみて、合う箇所をピックアップして、自分のスキルとして身に付けて言ったり。

人間ネットで得られる情報は膨大ですが、なかなか行動までは行きませんよね。でも、リアルな人と話してみると、やってみたいかもという気持ちはすごく高まるんです。

話が冒頭に戻りますが、仕事だからと言って仕事の話だけしている人は、
ちょっと横道にそれて、雑談をしてもらいたいなと思います。

違う話をする事で、結局本筋の仕事もスムーズに行くし、
お互いの情報共有でまた新しい展開が待っているかも知れません。
これからは情報共有の時代。
ネットばかりではなく、ネットで膨大な情報をチェックして、気になった人や話題には自ら飛び込んで知識を得る。

ぜひお試しください。

この記事を書いたプロ

平尾貴志

平尾貴志(ひらおたかし)

平尾貴志プロのその他のコンテンツ

Share

平尾貴志プロのその他のコンテンツ