まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・鳥取
平尾貴志

デジタルスキルを学ぶ場を提供する人材育成のプロ

平尾貴志(ひらおたかし)

有限会社クレイド

コラム

私がWebデザイナーをおすすめする理由

未来の話

2018年11月17日 / 2018年12月13日更新

こんにちは。
デジタルハリウッドSTUDIO米子の桂藤です。





今日は、デジハリで働く様になってから6年目の私が、なぜデザイナーが良いのかをお話したいと思います。

ちょっと長いですが、今、自分の仕事が楽しくないな、そろそろ転職したいかも、なんて思ってしまっている人に読んでもらいたいなと思って書きました。
お時間のあるときに読んでもらえたら嬉しいです。


飽きっぽい私が6年間続いた仕事



デジタルハリウッドSTUDIO米子も今年の12月1日で、6周年を迎えます。
私はSTUDIO米子がオープンしたときからのスタッフなので、
もうここに来て6年目になるということです。

6年なんてあっという間でしたが、本当によく飽きずに続いたなとも思います(笑)
そう、私ここで働いている時間が最長なんですよね!
前の会社も丁度6年目で退職し、STUDIO米子に転職しました。

高校卒業してからというもの、飽きっぽいのかすぐに仕事を変えていました。良く言えばどんどん新しい事にチャレンジしたくなってしまうので、1箇所で仕事を続けると、マンネリ化してしまって面白くなくなってしまうんです。

みなさんもそんな風に考えたことがありませんか?
私は本当にころころ仕事がかわっているので、昔はよく人に怒られ、親には呆れられていました。

今、デジハリ(STUDIO米子)に来てから6年目ですが、
どうやらまだまだここにいそうです(笑)

飽きっぽい私がなぜまだここに居続けるのか…
それは、毎日が楽しいから。
人間、楽しい事なら毎日でもつづけられるもんなんだと実感しています。




会社員+フリーランス 2足のわらじが快適


とはいえ、デジハリだって会社なので、やっている事は6年前から変わっていません。

* Webデザイナーを目指す人のスキルアップをサポートすること
* 地元で働くデザイナーのレベルアップに貢献すること
* 外貨を稼げるクリエイターを増やす事
* 地元の人たちにクリエイターという働き方があるということ
* 子育てしてても、介護してても、働ける仕事を増やすこと

こんなところでしょうか。
初めてすぐに感じたのは、クリエイター=稼げない仕事って思われていることですね。全然そんなことないのに。
私はデジハリの正社員として働いていますが、フリーランスとしても活動しているんです。うちの会社は副業大歓迎。
どんどん違う仕事をして、他の仕事で得たことを本業でも活かしています。

これがかなり楽しくて。副業は休みや仕事のない時間を使うので、ちょっと大変なのですが、これって仕事以外で趣味を持ってジムに行ったり
制作活動したり、グループ活動している人と同じですよね。

私は仕事+趣味もしごとにしちゃっているってイメージを持ってもらえるといいかなと思います。仕事も趣味も遊びの延長で、遊びで稼げるお仕事。
このバランスが絶妙で、どちらが大変な時は趣味で遊び、仕事が楽しい時には趣味を仕事にしたり…収入も増えるし、好きなことだから、何時間やっても飽きない、次がすぐにやりたくなる。

これって、ゲームが好きでやめられないのと同じ感覚です。
読書が好きな人はお休みの日でも読書しちゃうし、ものづくりが好きな人はずっとものづくりしてても飽きないですよね。

こういう働き方が、いつまでも飽きずに仕事をたのしめるコツなのではないかなと思います。


クリエイティブな仕事は、今田舎でこそ増えている真っ最中!


しかも、今私が関わっているクリエイティブなお仕事というのは、とおっても需要があり、みんなから必要とされている仕事なんです。

* ネットで商品を販売したい
* ブログやSNSで自社の情報発信をしたい
* 観光のためにネットを使った情報拡散を広げたい
* 自社のサービスをネットでもっと告知したい。
などなど。

今、実店舗より、ネットでの販売だけで商売成り立っている店舗が続々増えています。楽天市場はもちろんですが、今はYahooショッピングは無料で店舗を出せるし、Amazonにだって商品を売れる時代

田舎だからなんてまったく関係ありません。いいものはちゃんとネットで売れるんですよね!
でも、今はそうやって全国の地方からいいものが沢山ネットに溢れて出てきています。だから、どうやったらもっと自社の商品をより良く見せることが出来るか、どんなキャッチコピーでお客様に届けるのか悩んでいるところ。


クリエイティブは田舎を救う!


キャッチコピーや写真、デザイン、動画などのクリエイティブと呼ばれる物は人の興味を引くには持ってこいなんです。

しかも、良いものに目がない人たちは、買うものだって良いものならいくら払っても書いたいという人たちばかり。
そんな人たちは、デザインセンスも良く、情報にも敏感!
そんな顧客に届くためのキャッチコピーや写真、デザインはとても大事なんですよね。

かといって、デザインは綺麗で整っているだけではダメなんです。
その商品の価値をちゃんと分かって、それを欲しいと思う人たちに合うデザインをする事が大事
必ずしも綺麗で整っているデザインがいいのではなく、あくまでも届けたい顧客へ合うクリエイティブを作り出す事。これは東京で凄腕デザイナーが作るより、地元の良さをしっていて、商品を身近に感じている人ほど良いものを作れる事があります。

私たちデジハリではそういった地元の商品を世界中の人に届けるために日々デザインセンスを磨いています。

とくにWebデザイナーというお仕事は、かなり広い範囲の知識を広く浅く学ぶので、しっかり身に付ける事が出来れば色々なお仕事で役立つスキルなんですよね〜!

* 企業内の広報部
* フリーランスでWeb制作を請け負う
* アパレルなどの小売店のWebショップ担当者
* 企業のサイト運用担当者
* 商品開発の企画部門
* 印刷会社や制作会社のグラフィックデザイナー
* Web制作会社のオペレーターやデザイナー
* フロントエンジニアやプログラマー
などなど。

特に、デジハリのカリキュラムはフリーランスWebデザイナーデビューできるレベルの内容になっているので、卒業後はWebデザイナーになるしか無いのかなーなんて事は全然ありません!

卒業後ディレクターとしてデザイナーと企業をつなぐ人もいるし
デザインを作るうちに写真が好きになってフォトグラファーになった人もいます。
クリエイティブな世界はものづくりだけがお仕事ではないので、今までクリエイティブな仕事をした事がない人でも、全く違う仕事をしてみたいと思ったならぜひクリエイティブな仕事もチョイスに入れてくださいね!

スキルは何もデジハリじゃなくても学べるんです。
ネットでも沢山情報があるし、良質な書籍だって一杯あります。
興味を持ったなら、まずは一つ、サイトを作ってみるといいですね。最初は手探りでいいから作ってみてください。

そして、作ってみる事が楽しいけど、なかなか自分の思い通りのデザインができない、みる人からの反応が得られないと感じたらデジハリで学ぶこともご検討くださいね。

本当にクリエイティブの仕事はこれからの世の中をもっともっと幸せにしてくれると思います。
地元にいても自由に働けるこのお仕事、本当におすすめですよ!

デジハリを詳しく知りたい人はこちら!
デジタルハリウッドSTUDIO米子

この記事を書いたプロ

平尾貴志

平尾貴志(ひらおたかし)

平尾貴志プロのその他のコンテンツ

Share

平尾貴志プロのその他のコンテンツ