まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・鳥取
吉田成年

家賃並みのローンでマイホームを実現するプロ

吉田成年(よしだなりとし)

有限会社安達建築設計事務所

吉田成年プロのコラム一覧:コストダウンの考え方

外壁は屋根と同じように、雨、雪、火災、風、紫外線などから私たちの命を守るとともに、建物本体の寿命にもかかわる大切な部位です。それとともに、建物の印象、デザインを左右しますね。コストの面からみたらどうでしょうか?外壁の材料には、○ モルタル、 ○ サイディング、 ○ タイル...

住宅を建てるにあたっての関心事の一つに耐震性があります。私達、建物を設計するものとして耐震性にはとても気を使って設計を行っています。世の中の情報の中にも、耐震等級2だとか、耐震等級3とかの言葉を目にする方も多いのではないでしょうか。お客様の中にも とても熱心に勉強されて...

○ 集中収納にするとコストを低減できる各部屋ごとに個別に収納をつくるとスペースもたくさん必要になり、扉も必要になるので、納戸や ファミリークローゼットのようにできるだけ部屋に集中させた方が、造作による工事費の削減にもなりコストの節約になります。個別収納は最小限に抑えまし...

住宅には、キッチン、浴室、洗面、トイレ といった水を使う場所があります。水を使うということは、水を流すということにもなります。これらは「水まわり」とか言ったりしますけど、コストダウンのためには出来るだけこれらを近くにまとめることが、配管が短くなり、工事も容易になるため ...

コストダウンの一番の決め手は なんといっても床面積を大きくしないこと。そのためには、プランニングの考え方として、出来るだけ廊下などを作らないことです。ただでさえ大きくない家なのに、意外にスペースを取ってしまうのが廊下です。廊下は部屋を移動するためのスペースで、通常は居...

どのようなプランを考えればコストを抑えていけるのでしょうか?まず、家の平面の形です。家の形は、平面としてみたときに四角い家が最もコストがかかりません。それも出来るだけ正方形に近い形。凸凹が多い家はどうしても外壁、内壁の面積が多くなり材料も施工費もその分金額もあがってし...

少しでも安くすることは大切ですが、何が何でも安くしようとすると満足できる家は造れません。重要なことはメリハリをつけることです。「ここだけは譲れない」という部分を作っておくことが必要です。例えば、玄関クローゼットは絶対ほしい! とか、リビングに畳コーナーがあって堀座卓にしたい...

設計者に伝えたいこと◎ 現在家族がどんな暮らしをしているか  たとえば、起床・就寝。 何時に起きるのか、何時に寝るのか。(平日および休日)              どこで寝るのか。 ベッド?たたみに布団を敷いて?              寝つきはいいのか etc 食事。...

住宅を建てるとなると,いろいろな夢や思いが たくさん出てきます。全てがかなう家造りができれば大変素晴らしいのですが、現実には限られた予算があり、全てが叶えられるわけではありません。予算オーバーとなり、予算も増やせないならば、何かをあきらめるしかありません。そこで、希望するもの...

吉田成年プロのその他のコンテンツ

Share

吉田成年プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0859-33-7808

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田成年

有限会社安達建築設計事務所

担当吉田成年(よしだなりとし)

地図・アクセス

吉田成年のソーシャルメディア

rss
rss
2017-09-18

吉田成年プロのその他のコンテンツ