まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・鳥取
吉田成年

家賃並みのローンでマイホームを実現するプロ

吉田成年(よしだなりとし)

有限会社安達建築設計事務所

コラム

資金計画の落とし穴 

家づくり

2016年4月27日 / 2016年4月28日更新

家を建てるにあたって大切なのは資金計画です。
どんなに素敵な家でも、思い描いていた家が出来たとしても、資金計画に無理があれば、
幸せが不幸せに変わってしまいます。

不幸せになりやすい資金計画その①は

① 月々の返済額を少なめにして、ボーナス払いを多くする。 ということです。

月々の返済は出来るだけ無理したくない、ボーナス払いの金額を多くして建てればなんとかなる!
とか、ボーナス払いを併用すれば、月々の返済は楽になりますよ という甘い営業マンの言葉。
月々のこの返済額じゃあ、思い描いていた家が建たないけど、ボーナス払いでなんとかなるかな。
なんていう考え。

でも、そもそも、ボーナスって、あてにして大丈夫?
きちんと毎回一定の金額をもらえるものでもないし、もらえない年があるかもしれない。
ボーナスって、ローンの支払いに使っちゃあいけないものだと思います。
それより、月々の返済で無理しないで払えるくらいの建物で、(けっして背伸びせず、
ボーナスは楽しみくらいに思えるようにしたいものです。
 たまの旅行や、すこしリッチな食事、洋服も買ったり、もちろん貯蓄も出来て、
そんなことが出来るように、ボーナスに過度の支払を持たせるにはやめましょう。

② 借りられる金額は、返せる金額ではありません。

銀行にローンを申し込むとき、ここまで借りれるから、ここまでの建物が建てれる!
って勘違いしてませんか?
たしかに年収の3割まで借りれたりするけど、実際その金額まで借りるということは、
返せる金額と違うということです。
勘違いしないで、本当に無理なく返せる金額はどのくらいなのか、しっかり考えて資金計画を立てましょう。
また、新築の家に引っ越すということは、アパートに暮らしていた時と、同じような生活費ですむということではないということです。 建物も大きくなれば、当然使用する電気も多くなるので電気代も高くなるし、冷暖房費も増えがちです。
また、固定資産税が発生したり、新たに念願だったペットを飼ったりして、それまでかからなかった費用も発生したりします。
ですから、余裕をもった資金計画が必要になってきます。


「いま 毎月○万円の家賃を払ってらっしゃるんですから、もうちょっと節約するだけでこれくらいの支払い
は無理なくできますよ。これにボーナス時に△円増やせば、十分建てれますよ」 
なんていう甘い言葉には乗らないでしっかり考えましょう。

この記事を書いたプロ

吉田成年

吉田成年(よしだなりとし)

関連するコラム

吉田成年プロのその他のコンテンツ

Share

吉田成年プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0859-33-7808

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田成年

有限会社安達建築設計事務所

担当吉田成年(よしだなりとし)

地図・アクセス

吉田成年のソーシャルメディア

rss
rss
2017-09-18

吉田成年プロのその他のコンテンツ