まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・鳥取
吉田成年

家賃並みのローンでマイホームを実現するプロ

吉田成年(よしだなりとし)

有限会社安達建築設計事務所

コラム

2.設計者に伝えてほしいこと

コストダウンの考え方

2014年5月27日 / 2014年5月28日更新

設計者に伝えたいこと
◎ 現在家族がどんな暮らしをしているか
  たとえば、起床・就寝。 何時に起きるのか、何時に寝るのか。(平日および休日)
              どこで寝るのか。 ベッド?たたみに布団を敷いて?
              寝つきはいいのか etc

食事。 夕食は普段何人で食べるのか。
      食事時間は? テレビを見る? 料理が好きか? ご主人、子供もキッチンに立つのか?
      調理器具は多いのか。食器の数は?
      食器洗いは 跡片付けはすぐやっちゃうか 少し苦手か
夕食後の家族の過ごし方は?
      食品の買い物は週末にまとめて買いをするのか 週末にまとめて作って冷凍しておくことも
      多いのか

  家事。 家事の担当。分担は? 掃除はいつ? 洗濯はいつしますか? 物干しの場所は?
      洗濯の頻度はどのくらいでしょう。
      物干の場所はどうする? 沢山の洗濯物を干す必要があるのか 乾燥機を使う
      アイロンがけは etc

  入浴、洗面、トイレ。
      入浴する時間帯は そして入浴時間は
      洗面所の場所は、そして使用時間 家族が集中しませんか?
      お化粧の場所は? 寝室それとも洗面所でしょうか
      夜間トイレに行くことが多いですか?
 
  
 来客。 お客様は多いでしょうか?
      どのような方が来られますか?
      どのようなおもてなし方をされますか? 
      宿泊される方もおられますか?

  持物。 車の駐車台数
      持っている家具
      その他 洋服・靴 etc

以上は一例ですが、
現在家族がどんな暮らしをしているのか ということをまず設計者に伝えることが大切です。
コストダウンのこととは関係ないかと思われるでしょうが、設計の第一歩としてまず大切なことです。
その作業は、自分たちがどんな生活をしているのか見つめ直すチャンスにもなります。



 

この記事を書いたプロ

吉田成年

吉田成年(よしだなりとし)

吉田成年プロのその他のコンテンツ

Share

吉田成年プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0859-33-7808

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田成年

有限会社安達建築設計事務所

担当吉田成年(よしだなりとし)

地図・アクセス

吉田成年のソーシャルメディア

rss
rss
2017-09-18

吉田成年プロのその他のコンテンツ