まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・鳥取
吉田成年

家賃並みのローンでマイホームを実現するプロ

吉田成年(よしだなりとし)

有限会社安達建築設計事務所

吉田成年プロのコラム一覧

土地選び

2016-07-18

 住宅を新築する時、いったい全部でいくらくらいかかるんだろうってお考えになると思います。建物の費用だけでは家は建たないのは当たり前ですが全体の費用としてまずは①建物の値段。建物の値段って言っても、よくチラシなんかで見る本体工事費!。本体工事費って何かな? 実は私にもよ...

土地選び

2016-07-11

お客様のためによく土地探しをします。新しい分譲地。 これまで畑だったりした場所が10区画くらいの分譲地になってたりします。環境もよくて、これから新しく家を建てて住まわれる方ばかりなので、新鮮だし、古くからの土地のしがらみも少ないです。上下水道もきちんと完備され数年後には素敵な...

土地選び

2016-07-03

土地選びの注意点住宅を建てる時、現在所有している土地に住宅を建てる場合を除いて、土地探しからされることが多いと思います。家を建てる上で、土地の費用は住宅の建設費と並び大きなウエイトを占めます。便利でよい環境の土地はそれなりに坪単価も高くなりますね。出来るだけ安い土地...

家づくり

2016-05-09

ほとんどの人が安くていい家を建てたいと考えておられると思います。いくら安くても、地震に対して弱かったり、雨漏りがしたり、すきま風が入ってくる家ではたまりません。また、安く出来たけど、すぐに修繕が必要になるようでも困ります。やっぱり「安くていい家」なんていうのは無理なん...

家づくり

2016-04-27

家を建てるにあたって大切なのは資金計画です。どんなに素敵な家でも、思い描いていた家が出来たとしても、資金計画に無理があれば、幸せが不幸せに変わってしまいます。不幸せになりやすい資金計画その①は① 月々の返済額を少なめにして、ボーナス払いを多くする。 ということです。...

昨年、私の事務所にお越しになられたご夫婦の話です。「どうしても自分の家が建てたくっていろいろなところを回ったけどダメで、吉田さんのところに来ました・・・。」とのこと。現在、借家に住んでおられて家賃が月に4万円。いつまでも借家に住むということは、なかなか将来像が描けなく、...

外壁は屋根と同じように、雨、雪、火災、風、紫外線などから私たちの命を守るとともに、建物本体の寿命にもかかわる大切な部位です。それとともに、建物の印象、デザインを左右しますね。コストの面からみたらどうでしょうか?外壁の材料には、○ モルタル、 ○ サイディング、 ○ タイル...

梅雨の日曜日久しぶりに写真撮影に出かけようと考えてたのに雨で こうやってパソコンの前に座っています。当事務所は、住宅、店舗、医院、事務所、旅館、公共建築そのほか、いろんな建物を設計する建築設計事務所です。これらの建物の中で、一番身近に人々の幸せに繋がるものって やっぱ...

住宅を建てるにあたっての関心事の一つに耐震性があります。私達、建物を設計するものとして耐震性にはとても気を使って設計を行っています。世の中の情報の中にも、耐震等級2だとか、耐震等級3とかの言葉を目にする方も多いのではないでしょうか。お客様の中にも とても熱心に勉強されて...

○ 集中収納にするとコストを低減できる各部屋ごとに個別に収納をつくるとスペースもたくさん必要になり、扉も必要になるので、納戸や ファミリークローゼットのようにできるだけ部屋に集中させた方が、造作による工事費の削減にもなりコストの節約になります。個別収納は最小限に抑えまし...

住宅には、キッチン、浴室、洗面、トイレ といった水を使う場所があります。水を使うということは、水を流すということにもなります。これらは「水まわり」とか言ったりしますけど、コストダウンのためには出来るだけこれらを近くにまとめることが、配管が短くなり、工事も容易になるため ...

コストダウンの一番の決め手は なんといっても床面積を大きくしないこと。そのためには、プランニングの考え方として、出来るだけ廊下などを作らないことです。ただでさえ大きくない家なのに、意外にスペースを取ってしまうのが廊下です。廊下は部屋を移動するためのスペースで、通常は居...

どのようなプランを考えればコストを抑えていけるのでしょうか?まず、家の平面の形です。家の形は、平面としてみたときに四角い家が最もコストがかかりません。それも出来るだけ正方形に近い形。凸凹が多い家はどうしても外壁、内壁の面積が多くなり材料も施工費もその分金額もあがってし...

少しでも安くすることは大切ですが、何が何でも安くしようとすると満足できる家は造れません。重要なことはメリハリをつけることです。「ここだけは譲れない」という部分を作っておくことが必要です。例えば、玄関クローゼットは絶対ほしい! とか、リビングに畳コーナーがあって堀座卓にしたい...

設計者に伝えたいこと◎ 現在家族がどんな暮らしをしているか  たとえば、起床・就寝。 何時に起きるのか、何時に寝るのか。(平日および休日)              どこで寝るのか。 ベッド?たたみに布団を敷いて?              寝つきはいいのか etc 食事。...

吉田成年プロのその他のコンテンツ

Share

吉田成年プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0859-33-7808

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田成年

有限会社安達建築設計事務所

担当吉田成年(よしだなりとし)

地図・アクセス

吉田成年プロのその他のコンテンツ