まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
森川雄祐

お客さまに喜ばれる投資用不動産セールスの専門家

森川雄祐(もりかわゆうすけ)

JPNモリバーランド株式会社

お電話での
お問い合わせ
0467-67-8300

コラム

経済学から学ぶ投資

投資を学ぶ

2017年8月15日 / 2018年8月23日更新

こんにちは森川です。

投資・資産形成の必要性を感じている方
投資・資産形成の必要性を感じていない方
様々な考え方があります。

そこで投資の必要性を感じてない方の話を聞くと
【投資は危険で損をする】
【投資で失敗をするとお金が減ってしまう】
【今の生活で十分で投資をする必要がない】
と言う意見が多く感じます。

そこで本当に投資は不必要なのかをこのお盆の休みにゆっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

今日は経済学からみた投資について書きたいと思います。

世界では貧富の格差がどんどん広がっています。
そしてどういう状況において、この貧富の格差が広がるのか?

それを研究した、トマ・ピケティ氏と言う世界的経済学者が著書
【21世紀の資本論】で発表をしています。

その内容は
資本収益率は4%から5%で推移するのに対して世界の経済成長率は2%前後で推移をする。
そして資本収益率が経済成長を上回ったときに貧富の格差が生まれると言うことです。

この中で書かれている資本収益率とは何か?
ある企業に資本を投下してその資本に対してどのくらい利益を上げたのか?
という考え方です(簡単に言うと)

経済成長率は、国民が稼いだお金の事です(これも簡単に言うとです)

これを30年間でどのように違いが出るのか?
複利計算を入れると
経済成長率は30年間で180%成長をするのに対して
資本収益率は30年間で320%成長をします。

これが年数が長くなればなるほどこの差は広がってしまうのです。

そしてこの差を是正するために投資が必要となるわけです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
JPNモリバーランド株式会社公式ホームページはこちら

JPNモリバーランド株式会社初心者向けセミナーの申し込み

JPNモリバーランド株式会社公式動画はこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事を書いたプロ

森川雄祐

森川雄祐(もりかわゆうすけ)

森川雄祐プロのその他のコンテンツ

Share

森川雄祐のソーシャルメディア

instagram
Instagram:jpn_moriver_land
twitter
Twitter @moriverland
2018-08-29
facebook
Facebook

森川雄祐プロのその他のコンテンツ