まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
森ゆき

女性活躍が企業を変える!女性の活躍を応援するキャリアコンサルタント

森ゆき(もりゆき)

森 ゆき

森ゆきプロのご紹介

働きやすい環境づくりは、企業成長の鍵。企業と働く女性の「リアルな本音」をつないで組織を活性化する(1/3)

女性の活躍を応援するキャリアコンサルタントの森ゆきさん

女性が実力を発揮する場を作らないことは、企業にも女性にも大損失!

 女性活躍推進法が制定されるなど女性の働き方への注目が年々高まる日本。労働人口減少が予測されることもあり今後の企業の持続的発展は女性の活躍次第といっても過言ではありません。
 「時短勤務や産休・育休といった働く女性をバックアップする仕組みも浸透して、以前に比べて間違いなく女性が“長く”働きやすい社会になりました。これからはいかに“太く”働ける環境を作れるかではないでしょうか」
そう話すのは「女性の活躍を応援するキャリアコンサルタント」の森ゆきさん。外資系メーカーとIT企業に約20年勤務した企業人、そしてキャリアを積みながら3人の子どもを育てたワーキングマザー。ふたつの立場を経験してきた森さんの人生は、これからの若い女性が歩む道そのもの。「企業論理と働く女性の心理に通じたキャリアコンサルタント」として、女性の働き方を模索する企業や自治体からコンサルティングや講演・研修のオファーが絶えません。

 多くの企業が女性の労働環境向上に努めていますが、経営者や上司が男性であることが多く、残念ながら女性の実力を引き出せていないケースが多い。女性活躍成功の鍵は“本音を結びつけること”と森さん。「たとえば時短勤務や育休を利用した女性、あるいは独身でも女性というだけで昇進コースから外れることもまだ少なくありません。責任ある役職や業務を任せないのは女性を意識して排除しているというより『家庭があるから』『プレッシャーなのでは』との暗黙の配慮からだったりするのですが、女性側は『もっと働けるのに』と物足りなさを感じている場合も多いんです。結果、モチベーションが下がり悪い場合だと離職です。本当なら経験、実力のある人に活躍してもらう方がコスト面でも得なのに勿体ないと思いませんか?お互いに本音で話せば必ず活路が見つかるのに」
 これは一例ですが、女性の本音とのゆきちがいは企業内の至るところに。だからこそ森さんは専門家、企業、女性の3つの視点で物事を見て「いまこの企業でできる最良の改善法」を提案します。社内制度の整備、管理職・社員研修、個人カウンセリング、女性活躍推進法に対応するガイドラインの構築など。方法は様々ですが各企業で成果を出し続けているのは複合的な視点をもつからこそ。社内で対策を講じながら改善できなかった企業も、森さんの参加で解決するケースも多いのだとか。

森ゆきプロのその他のコンテンツ

Share