まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
吉田武広

常に「お客様目線」で相談に耳を傾ける行政書士

吉田武広(よしだたけひろ)

吉田行政法務事務所

コラム

伝えるちから

2011年1月25日



こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。。



かなり前の話ですが、池上彰さんの著書「伝える力」を読みました。

うーん、なるほど、と思い当たるところがたくさんあり、とてもいい勉強になりましたね。



最近というか、バブル崩壊のあところから、やたらメディアに「カタカナ」や「和製英語」が増えた、と感じていました。

僕なんか、カタカナを言われたり、書かれたりしていると、すぐに「広辞苑」やネットで意味を調べますが、これはちょっと問題だなあ、と思いました。

要するに、相手がいっている「カタカナ」や「和製英語」の意味が分からないと、会話や判断ができなくなってしまう、ということです。



よく「したり顔」で、そういう「カタカナ」、「和製英語」を使う人をよく見かけます。

だから、「馬から落馬する」という言葉が、ふっと平気で通ってしまうんですよね。



僕もサラリーマン時代、アメリカに出張し、英語で交渉する仕事をやっていました。

ある意味、アメリカ人が相手の方が「楽」な場合がありますね。

英語には、時には遠まわしに表現することもありますが、ほとんどが「ストレート勝負」です。

だから「YES」、「NO」がはっきりして、すぐ次の行動に移れるんです。



ところが、日本人の「美徳」の一種ではありますが、遠まわしな表現、ともすると「曖昧模糊」な言葉があり、「うーん、どうなんだろう・・・」と迷うことも時にはありますよね。

これが一番困る。



僕は、日本語についての必携書籍は「広辞苑」、英語なら、「英英辞典」。

特に「英英辞典」はお勧めですよ。

「表現の使い分け」にも助かります。



池上さんも専門的な「カタカナ」表現には、否定的なようです。

常に「聞く立場」にたてば、当たり前のことで、話し手は、「相手はこのような専門用語は分かるだろう」と勝手に思いこんでいるだけであって、聞く相手は、「何を言っているんだろう、でも意味を聞くのは恥ずかしいし・・・」という、「最悪のコミュニケーション(会話)」になってしまいます。



僕も仕事柄、お客様の相談を聞いていますが、こちらからは出来る限り「分かりやすく」、分かりやすいものは、もっと分かりやすく、お話させていただいている「つもり」です。



「「つもり」ですから、これも僕の自己満足に過ぎず、これからも、「もっと分かりやすく」、「もっと、もっと分かりやすく」お話させていただくよう努力、精進していきます。

「相手が分からなければ、何の意味も無い」ということです。



この記事を書いたプロ

吉田武広

吉田武広(よしだたけひろ)

吉田武広プロのその他のコンテンツ

Share

吉田武広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
042-369-5441

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田武広

吉田行政法務事務所

担当吉田武広(よしだたけひろ)

地図・アクセス

吉田武広プロのその他のコンテンツ