まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
吉田武広

常に「お客様目線」で相談に耳を傾ける行政書士

吉田武広(よしだたけひろ)

吉田行政法務事務所

吉田武広プロのコラム一覧

2018-03-19

今までの、「遺言」や、「後見制度」に加えて、新たに「柔軟性」を持つ「家族信託制度の活用」について、積極的にご提案させていただいております。「家族信託」は、ご家族の中でご自分の財産の行先を明らかにできる制度です。今までの「遺言」や「任意後見」とは別に、新たな「相続対策」とし...

2013-06-01

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。このたび、弊事務所のホームページを「リニューアル」しました。これからも、どんどん、新しい「実例」をご紹介していきます。よろしくお願いいたします。吉田行政法務事務所 所長  吉田 武広新しいウェブサイト(ホームページ)http:/...

2011-03-31

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。これは、私の実務経験も含めてお話しします。ある方が亡くなられて、法定相続人が二人いました。そのうちの一人が、もう15年以上行方不明であり、警察にも捜索願を2回出していました。この場合、普通「失踪宣告」(行方不明になってから7年経過...

2011-03-22

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。相続事案の中で、結構神経質になるのが、「遺留分」です。「遺留分」とは、「相続財産を法定相続分のとおりに取得できなくても、相続人の最低限の生活に必要な財産を請求できる権利」のことです。この遺留分は、法定相続分の2分の1に相当します。...

2011-03-04

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。さて、「遺言書」は亡くなった人の「最後の意思表示」と考えられています。つまり、尊重すべき「大事な」「言付け」ですよね。しかし、この「遺言書」のとおりに遺産分割を「絶対」にしなければならない、ということではありません。亡くなっ...

2011-02-13

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。「死亡保険金」は、相続財産に該当しない、というのが原則です。しかし、死亡保険金の受取人である相続人と他の相続人との間で著しい不公平がある場合、以下のような最高裁の判例があります。(平成16年10月29日)「養老保険契約」に基づき保険金...

2011-02-02

こんにちは。 吉田行政法務事務所の吉田です。さて、昨日、新聞で、身寄りのないご老人に関し、「虚偽の遺言書」を作成し、自分に全財産を遺贈させるようにした事件がありましたね。遺言書には、「自筆」で書くものと、公証役場で、証人2名立ち会いのもと「公証人」が遺言する人から内容を聞...

2011-01-25

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。。 かなり前の話ですが、池上彰さんの著書「伝える力」を読みました。うーん、なるほど、と思い当たるところがたくさんあり、とてもいい勉強になりましたね。 最近というか、バブル崩壊のあところから、やたらメディアに「カタカナ」や「和...

2011-01-01

あけましておめでとうございます。吉田行政法務事務所の吉田です。旧年中は皆さまのご支援ご指導をいただき、本当にありがとうございました。2011年も相変わらず、「お客様の笑顔」を大切に、スタッフ共々精進いたします。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。吉田行政法務事務所...

2010-12-21

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。 最近、「家系図」を作成する同業者が増えていて、「相続」業務を得意分野とする私の事務所でも、「家系図作成業務を始めようか」とスタッフと話していました。昨日、最高裁で、「家系図作成」に関する私たちにとっては重要な判決が出ました。 ...

2010-12-18

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。税制調査会で、来年23年4月1日から、法人税率の引き下げと同時に、相続税の改訂も行われるようです。今まで、相続税の計算には、まず基礎控除と法定相続人の人数による控除が併せて実施されています。現在は、基礎控除の5000万円 +(法定相続人...

吉田武広プロのその他のコンテンツ

Share

吉田武広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
042-369-5441

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田武広

吉田行政法務事務所

担当吉田武広(よしだたけひろ)

地図・アクセス

吉田武広プロのその他のコンテンツ