マイベストプロ東京
濁川正夫

一人一人に合わせた指導法で個々の才能を開花させる塾教師

濁川正夫(にごりかわまさお) / 塾教師・学習塾経営

ウイズ学習会

お電話での
お問い合わせ
03-6260-9875

コラム

英語を味方にするための国語力のつけ方!

2022年6月23日

テーマ:学習相談

コラムカテゴリ:スクール・習い事

今日は、ずばりタイトル通り
英語を味方にして、活躍できる生徒さんの「育て方」について
ポイントを整理してみました。

皆さんがとてもご興味をもっていただける、私の指導法の 「重要なベースになっている部分」
なので、
文章にすると
ものすごい量になりそうで、私も(授業やスケジュール管理がございますので)しばらくの間、このテーマーでエピソードを交えながら書いてゆければと思いますので、よろしくお願いいたします。


過去にあるお母さまより、英語学習のことなどをたずねられた時のことです。お二人の生徒さんともに小学生で、上のお兄さんが小5の夏ぐらいの頃でした。下の方はまだ、小2ぐらいでした。

エピソード①
いつごろ(英語を)はじめたほうがよいか?
→それは、早いにこしたことはないのですが、(日本にいれば)いずれ英語の聴き取りのことがあるので、日本の受験システムにのってゆくには
どうしても、国語・算数だけでもかなりの領域の学習が必要になるので
優先順位をつけて、今は中学受験に専念したほうがよいのでは‥と
お応えいたしました。

上のお兄さんのことで、いずれ「語学留学」も検討されている
ご様子でしたので、私の経験をお話しいたしました。

米国での授業は(当たり前ですが)全て英語
です。ただ、ルームメイトがいてくれたり、大学のルールに従い
自由時間以外は校内の図書館やランチルーム、購買部やコインランドリーなどの限られた場所で暮らしていますが
それだけでもいろいろ(日本での)生活環境や文化との違いは大きく‥
しばらくは戸惑うのですが、
若いうちは知らず知らずに環境に順応してゆきます

大学の寮から離れ、実際のご家庭に滞在させていただける機会があり、これがとても役にたったと思いました。

ある時、ホームステイさせていただいた(教授の)ご家庭で、週末にTV
を見ていました。ソファーの横には「新聞」があり、80年代の初頭の
アメリカも日本もとても、よい時代だったように思います。

別に異国にいる気もせず、「なんか日本の午後で、周りに家族もおらず
コーヒーをいただきながらテレビのチャンネルを変えて、ニュース番組を見たくなったんですね‥」
すごく、自然にTVのニュースを聴きながら、新聞を取りました。
新聞をざっと飛ばし読みして、ニュースを聴きながら「フムフム‥」とか
考えている自分が、その時「そこに居て」‥

あれっ!なんか、(自分が)いろんなことを英語で考えているなあーと
気がついた瞬間がありました。

お母さまとは、送迎の立ち話でしたので
(英語圏で寝起きしてると)ある日突然「英語で考える日が、やってくるんですよーっとお応えしていました

この保護者の方は、とても意識が高く、普段から
息子さんたちの教育について考えられていたので

「私の周りの方に伺っても‥皆さんそう、おっしゃるんですよねー!」
と即答で共感してくださいました。

私も(当時はご紹介制だけでしたが)なぜ、うちの塾に通ってくださって
いるのか‥という
意味が、なんとなく分かりました。

(話しがちょっと変わり、世代や時代も異なるかもしれませんが)
塾や予備校の先生達も先輩・同僚ともに、ご自分のお子さんに
(このあたりのことは、価値観がとても両極端で)
とにかく「有名進学校を目指してご家庭でも、教育されている先生」と

お子さんの生きる時代は、また親の時代の価値観とも変わると
考えられて、「自分の好きなことや、やりたいことが見つかる
のを見守る」というスタンスの先生に二極化していたように(私は)
感じておりました。

時間の関係で今日のエピソード①はこれぐらいに、させていただきます
が、このあたりの内容は、保護者の方の価値観や

過ごす環境により、全く違ってしまうことですので
視点を変えたり、広い視野でお子さんの教育方針を(親御さんが)

どうもつか?という発想のヒントになればと思う内容を、ツイッター
に書いたり、引用させていただいたりしたので

その部分のリンクをご案内いたしますので、よろしければ
ご覧になってください。
今日もここまで、お付き合いいただきありがとうございます。


80年代アメリカ・ホームステイ(サンディエゴ)
https://twitter.com/nigochandrum1/status/1433188102558810114?s=21&t=4pGwha_7Pv2YLxvF-zTamQ

大前研一さん「稼ぐ力」より引用
https://twitter.com/kobetu_jupiter/status/1499340506232340485?s=21&t=4pGwha_7Pv2YLxvF-zTamQ

英語リスニング、言語のもつアクセントやシンコペーションの違い
(ドラムマシーン打ち込みによる)
https://twitter.com/kobetu_jupiter/status/1534082767553970176?s=21&t=4pGwha_7Pv2YLxvF-zTamQ

この記事を書いたプロ

濁川正夫

一人一人に合わせた指導法で個々の才能を開花させる塾教師

濁川正夫(ウイズ学習会)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

濁川正夫プロのコンテンツ