マイベストプロ東京
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ東京
  3. 東京のメンタル・カウンセリング
  4. 東京のスクールカウンセリング
  5. 渡邉美萌
  6. コラム一覧
  7. 【心理×教育の専門家による読む相談室】 不登校になり勉強にお困りのあなたへ・ご両親へ―英語編―
渡邉美萌

不登校・発達障がい児の「心知体」トータル支援を行う心理専門家

渡邉美萌(わたなべみもえ) / 臨床心理士

渡邉アークメンタルケアセンター

コラム

【心理×教育の専門家による読む相談室】 不登校になり勉強にお困りのあなたへ・ご両親へ―英語編―

2021年11月9日

テーマ:不登校 勉強 英語 カウンセリング 

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 不登校支援勉強法 おすすめ子育て悩み相談

はじめまして。読む相談室へようこそ。
数多くある記事のなかから、このコラムを見つけてくださり、ありがとうございます。
そして、ようこそお越しくださいました。


臨床心理士・公認心理師・児童指導員として学校のスクールカウンセラー、私設センターでのカウンセリング・コーチング・個別指導を含め、現在年間1000名以上の方とお悩みを共有させていただいております、渡邉 美萌と申します。どうぞ宜しくお願いいたします。

この記事を見ていただいているということは、今ご自身やお子様が学校に行っていないというお悩みをお持ちでしょうか? また、ご自身やお子様が勉強にお困りというお悩みもありますでしょうか?

そのようなお悩みがあると、「どうしたらいいのかわからない」「将来が不安」と感じられますよね。また、もしかしたら、「眠れない」「おなかが痛い」と身体の不調も出てしまっているでしょうか?本当に、とてもお辛いご状況ですよね。

まずは、安心していただきたいと思います。
この記事を読んでいるという事実だけでも、まず解決への第一歩を踏み出されています。このコラムを読み終わる近い未来に、少しでもお気持ちが軽くなること。もしくは、スクールカウンセラーなど心の専門家に「相談してみようかな」と、 もう一歩を踏み出していただけることを願って、書かせていただきますね。


不登校になったら


不登校

相談をお受けしていると、不登校に対する様々な情報がたくさんあることを日々実感します。みなさん、相談される前に、事前にネットをフル活用され、情報収集をしてくださっています。情報収集されること、とても良いことですよね。同じようなお悩みがあった方の体験談、対応方法など、多くの情報を得ることができます。このコラムも、その検索を通して来てくださったのですよね。ありがとうございます。

情報収集は必要なことですが、かえってお悩みが大きくなってしまう場合があるようです。もしくは、その情報を参考にして行動された結果、ますます八方塞がりになってしまうこともありますね。

気になられることは、沢山あると思います。特に、【不登校になったら、学校に行かなくても大丈夫なのか?】というお悩み。これは、ご自身が悩まれていることですよね。もしくは、【不登校になったら、無理に学校に行かせない方が良いのか?】という保護者の方のお悩みです。 

このお悩みに関して、情報を収集され、
「学校に行かない方が良いって言っている人もいるし、大丈夫だと思いました」
「ある記事を読んだら、学校に行かなかったら大変だと知って、より辛くなりました」
「無理に学校に行かせない方が良いと見たので、休ませましたが、完全に不登校になり困っています」などなど、特定の情報によって、とても重要な判断をしてしまっていることが伺えます。
もちろん、そのような情報が正しいから、そうしたということであれば問題ありません。

ですが、もし、情報を収集することで、お悩みが強くなった、解決していない、多分これでいいと思う、 ということであれば、考えていただきたいことがあります

たとえば、体験談。参考にはなりますが、その方の個性・環境・価値観など、全く同じではありません。そして、【無理に行かせない方が良い】という記事。果たして、これは全員に当てはまるでしょうか?また、行かせないのは良いとしても、その後どうすれば良いのか、大切なのはここから先のことですよね。

不登校という言葉は1つです。しかし、不登校の背景には多くの個人的な情報が絡まりあっています。また、それは皆さん違います。不登校の理由には、性格・個性・特性・環境・人間関係など多く複雑に絡み合っています。 中には確かに、【学校に行かない方が良い】と判断できる場合もあります。

【学校に行かない方が良い】場合は、心の状態や身体の状態を見て、決める必要があります。実際に体に反応がどのくらい出ているのか。心の健康度はどのくらい高いのか。学校に行かない方が総合的に考えて良い方向に行くのか。総合的に客観的に考える必要があります。ですので、ご自身やお子様の状態がわからない今、「こうしたほうが良い」とはなかなか言えません。それだけ、大切な判断になるからです。

心の健康度が高い・体に反応があまり出ていないけれど、どうしても行きたくない場合もあると思います。もちろん、実際に実感がなくても影響が出ている場合もありますので、その場合も相談していただきたいですが、どうしても行きたくない場合は、行かない方向でどうすることがより良い方法なのか、検討していきましょう。そのままにしておくと、より大きな不安が強くなり、心の病気になることも考えられます。

私たちは日々多くの不登校の皆さん・学校に行きたくないとお悩みの皆さん・保護者の方とお話しています。どんなに【今】が大変なご状況でも、大切なのは【未来】にその今のご経験をプラスに変えることです。そのために、今が全てだと考えないでください。今の歯車を少し変えることで、理想の未来に近づくことができます。道を作ることができます。これまで、沢山の方がピンチをチャンスに変えてきました。これまで、そのお手伝いをしてきました。

大切なのは、【自分らしく・自分に合った方法で・幸せに生きる】ということです。学校に行く・行かないということは自分の進む道の通過点なのです。しかし、通過点であれば、これから進む道を間違ってはいけません。通過点であれば、より自分に合った幸せになれる道を歩んでいくべきです。そのために、どうか自己判断せず、専門家に相談する一歩を踏み出していただけたら嬉しいです。

英語のおすすめ勉強法


お悩みの中で多いことは、やはり勉強についてですね。勉強については、このコラムで少しずつ更新していこうと考えていますので、もし宜しければ一例として参考にしていただけたら嬉しいです。

家にいることが多い、もしくは他に通っているところがあっても【好きなこと】をしていることが多い。勉強をする気持ちも機会もなくなってしまうことはよくあることですよね。

ここで、見方を変えると、【好きなこと】はできているということです。英語は、とても好き嫌いが分かれる教科だと思います。英語が苦手な場合は、英語と自分が無関係だと思っていることが多いです。もし、好きなことが何かできているのであれば、その好きなことから関連して英語が勉強できないか考えてみるのは良いかもしれません。

ここからは、英語アレルギーを克服して、英語を勉強することが苦痛でなくなる・楽しくなるゲーム形式勉強法の一例をご紹介します。

1:好きを強化する!【英語リサーチゲーム】


ゲームやアニメが好きな場合は、ゲームのアイテムやキャラクターの名前など、英語が使われているかもしれません。

《やりかた》
①好きなアニメ・ゲームを1つ設定する
②設定したアニメやゲームの中で、キャラクターやアイテム名など英語が使われていないか探してみる
③もし英語かどうかわからないものがあったら調べてみる
④英語が使われていたら、それを付箋に書く
⑤ ②~④の作業を時間を決めて行い、多く見つけられた人が勝ち
*1人で行う場合はまずは1つでも見つけられるかやってみましょう。
前回よりも数を更新することができたらクリア!


2:マイプロデュース!【推しキャラ選手権ゲーム】

《やりかた》
①白紙を用意する
②自分オリジナルのキャラクターを描いてみる
③そのキャラクターの性格や好きなものを考え、書いていく
④ ③をふまえ、名前をつける
⑤性格・好きなもの・名前など英語に訳せそうな単語を〇で囲んでいく
⑥その〇の部分を英語に直してみる
⑦なるべく多く英単語に直せた人が勝ち(キャラクターを紹介してみても面白いかもしれません)
*1人で行う場合は、こちらも前回よりも多く英単語に訳せたらクリア!
例えば、絵が苦手な方は、雑誌の人物やアニメキャラの切り抜きを使って、取り組んでみてもOKです。


まとめ


これらの共通点は、英語と、好きなことや自分らしさを関連付けているということです。英語アレルギーが強い方は、英語は自分と全く関係がないものという認識も強い場合が多いです。【好きなことと英語が繋がっている】ということに、もし気づくことができれば、 そこから英語の見方は変わってくるかもしれません。英語=勉強という概念を変えていくことはとても大切です。

また、カウンセリングでは、これを使って、好きなこと・興味があることを教えてもらい、そこから話の接点を作っていく・関係作りをすることもよく行っています。

今回ご紹介したものは、ほんの一例です。もちろん、英語アレルギーではなく、本格的に勉強していきたいという方も多いです。その場合も、このやり方の応用をします。大切なことは、【自分の興味・関心・個性】を大事にして勉強法を考えていくことです。少しでも参考にしていただければ嬉しいです。また、何かご質問などありましたら、お気軽に教えてくださいね。

もし、お子様が不登校になられている:お家にいることが多い場合、これらのゲームでコミュニケーションのきっかけにしていただけたら嬉しいです。

不登校になったら、お辛いご状況やご不安感が強くなりますよね。ですが、道はあります。情報を全てあてはめようとすると、より迷ってしまいます。話しやすい専門家にヘルプを出すこと、もしくは、このコラムや、これからのコラムでで少しでも必要な情報を提供出来たり、寄り添えていたら嬉しいです。ご精読ありがとうございました。

この記事を書いたプロ

渡邉美萌

不登校・発達障がい児の「心知体」トータル支援を行う心理専門家

渡邉美萌(渡邉アークメンタルケアセンター)

Share

渡邉美萌プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-41-7565

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

渡邉美萌

渡邉アークメンタルケアセンター

担当渡邉美萌(わたなべみもえ)

地図・アクセス

渡邉美萌のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2022-09-07
facebook
Facebook

渡邉美萌プロのコンテンツ