マイベストプロ東京
小林孝

未来を動かす人材を育てる企業変革のコンサルティング

小林孝(こばやしたかし) / コンサルタント

株式会社T&PSolutions

コラム一覧

RSS

八村選手のNBA入団が意味する事

2019-07-12

皆さんこんにちは。私は本業の傍らNBAを追い続けていて1972-73シーズンから観戦しており、来シーズンは観戦歴48年!を迎える事になります。インターネットの時代となった1995年に、NBA情報をHPを通じて紹介して...

自分自身の付加価値をどう高めるか?

2019-07-02

皆さんこんにちは。仕事を通じて様々な方と知り合います。その中で最近よく話題になるのが、45歳を過ぎてからの働き方、身の処し方などについてです。大企業で働く方も含めて、従来のように一つの企業の中で階...

「出る杭は打たれる会社」は心配かも

2019-06-14

皆さんこんにちは。最近弊社への講習依頼で気になる傾向が出てきました。担当者との打ち合わせで、組織変革の必要性と方法を説明して、担当者が現状の自社の状況を鑑みて、今こそこういった活動に取り組まなけ...

ストーリーボード作成でプレゼン技能アップ!

2019-06-07

皆さんこんにちは。弊社が今年受けている業務は新規企画が多くなっていますが、リピートの仕事で依頼されるものもあり、その筆頭がプレゼンテーション(プレゼン)技術講習です。今は社内においても効果的なプ...

職場の老害にならない準備が必用

2019-06-06

皆さんこんにちは。現在有期雇用労働法が2020年4月から改正実施されるために、クライアントの大企業のために定年後の再雇用、およびキャリア育成のための講習などを企画・作成しています。有期雇用労働法(厚...

前例という呪縛

2019-06-04

皆さんこんにちは。昨日のコラムで、スピード感の無さが今後の企業活動懸案事項、という話を書きましたが今日はそれに関連した項目で「前例」という呪縛の話です。民族系企業で我々が仕事をする時に感じる最...

スピード感という大きな違い

2019-06-03

皆さんこんにちは。5月は様々な企業に講習を提供しましたが、国内マーケットを中心として活動する日本企業(民族系企業)と、外資系企業の両方があったため、この二つの企業形態の違いを顕著に感じることが出来...

45歳からのリセット時代到来

2019-05-30

皆さんこんにちは。今年度弊社で提供する講習で、従来には無かったコンテンツとして立ち上げるのが、タイトルにもある「45歳からのリセット」です。経団連やトヨタ社長の発言にもあったように、もはや日本企業...

測れないものは分からない「定量評価」が大切

2019-05-28

皆さんこんにちは。従来から日本では製造業を中心にQCサークル活動が盛んで、現場での改善力の高さが大きな競争力を生み出してきました。現場での改善活動は基本は品質に重きを置いて改善をしていきますが、そ...

改善を進められる技能

2019-05-27

皆さんこんにちは。先週はいろいろな企業にお邪魔して、企業内研修を実施しました。新人、期待のリーダー層、中堅社員などなど経験値はそれぞれの企業内講習によって異なり、依頼された講義内容も異なるものな...

全体を見て考えていますか? 部分最適の罠

2019-05-24

皆さんこんにちは。今週もいろいろな場所で様々な企業に対して講習を行っています。業務改善系の講習では従来からあるQCサークル的な改善から、Lean Six Sigmaによる改善まで様々な方法を伝えていますが、どち...

もう一人の自分を作らないとダメかも これからの時代

2019-05-23

皆さんこんにちは。先日、終身雇用の代表格と思われていたトヨタ自動車の社長が「終身雇用制度を守る事はもはや難しい」と発言されて大きなニュースとなっていました。終身雇用制度そのものについては、既に崩...

なんとなくで進む大事な事

2019-05-22

皆さんこんにちは。弊社では様々な会社の業務改革、ミッションビジョンづくり、改善活動などをお手伝いさせて頂いていますが、コンサルティングや教育会社から「小林さんのところでお手伝い願いますか?」と依...

WHYから始める情動アプローチ

WHYから始める情動アプローチ

2019-05-20

皆さんこんにちは。金曜日は産経プラザホールで主催された2019 HRカンファレンスにてタイトルにもある「WHYから始める情動アプローチ」というタイトルで、リ・カレント社の依頼で講演を行いました。お陰様で会...

「うちの会社は他と違っ・・・」って本当?

2019-05-17

皆さんこんにちは。弊社の業務改善企業コンサルティングのお手伝いは、現状把握(As-Is分析)からスタートさせます。どんな業務改善や組織変革でもこのプロセスは重要で、現状を正しく把握すること、つまり良い...

小林孝プロのコンテンツ