まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
遠山秀幸

新宿区で相続税申告、会社設立に強い公認会計士&税理士

遠山秀幸(とおやまひでゆき)

税理士法人とおやま

お電話での
お問い合わせ
03-5285-4123

コラム

株価から 近い未来を知る

世界の時価総額トップ10

株価から 近い未来を知る

 今話題の自動運転車は30年前の特許が切れて自動車会社が一斉に作り始め、ITやジェネリック医薬品も今までの特許が切れて普及し始めました。

もし近未来を知りたければ、今後の特許を調べれば20年ぐらい予想できるそうです。

例えば癌は予防でき、100歳以上生きるようになるというのは認知科学者の苫米地英人氏です。

長寿は今の世代が享受できる大きな恩恵の一つで、先進国で生まれる子供は50%を上回る確率で105歳以上生きるそうです。

新しい職業とスキルが登場すし、古い職業は消滅し、ロボットと人工知能に代替されるか補完された新しい職業が登場するでしょう。

彼によると2050年の”3種の神器”は「人工知能」「人工知能を脳で動かすインターフェイス」「遺伝子操作」だそうです。
遺伝子操作で頭の良いIQの高い子供も作れるかもしれません。

また、あと2,30年経つと色々な特許が切れ、車やITや薬のように大きな産業に成長するかもしれません。

世界の時価総額トップ企業を1992年と2016年で比較すると時代の大きな変化を感じることができます。

図を見ると、
1、1995年以降インターネットが急速に普及しIT企業が大きく成長した。

2、日本企業がいなくなって中国企業が躍進した。

3、時価総額が10倍になった。

4、日経平均は変わらないが、米国ダウは約6倍になっている。

5、過去のトップ10は残っていない。
 過去の大会社から未来の大会社は生まれないということだ。

等、ネットビジネスの影響の大きさとヒト、モノ、カネが高速で結びつき、グローバルでつながる世の中を感じます。

 私たちはどうしたらいいのでしょう。
人間にあって人工知能にないもの。それが「自我」であり「煩悩」です。

新しいものを生み出すためには、アナログで自分にしかできない「自分がやりたいことをやる」以外に道はないと苫米地英人氏は言いますがあなたはどうでしょう。

<今後のおすすめセミナーご案内>
 <7月>
・ 11日(火)15時 超高齢化時代の相続税の勘所
     ~知っていると差が付く基礎から応用まで~

・ 19日(水)17時 現役支店長が語る、借入のポイント!
        ~金融機関との上手な付き合い方~
 <8月>
・ 4日(金)18時 会社設立セミナー

 <10月>
・ 3日(金)18時 プレイングマネージャーの教科書
   ~結果を出す為のビジネスコミュニケーション~

※相続のご相談なら税理士法人とおやま まで
http://www.kaikei-home.com/toyama/
======================================
      公認会計士 遠山事務所
      税理士法人 とおやま
       TEL 03-5285-4123
      http://www.to-yama.com/
======================================

相続税のプロ、会社設立のプロ 税理士法人とおやま ホームページはこちら
http://www.to-yama.com/

この記事を書いたプロ

遠山秀幸

遠山秀幸(とおやまひでゆき)

遠山秀幸プロのその他のコンテンツ

Share

遠山秀幸のソーシャルメディア

rss
風のような   ブログ
2018-09-21
google-plus
Google+
facebook
Facebook

遠山秀幸プロのその他のコンテンツ