まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
廣瀬一京

レアメタルによるジュエリー制作を手掛けるデザイナー

廣瀬一京(ひろせいっけい)

東京ダイヤモンド株式会社

コラム

金属アレルギーの検査はどこに行って何をすればいいの?

アレルギー対策用ジュエリー

2016年11月15日 / 2016年12月9日更新

ネックレスや時計、あるいは指輪やピアスによる湿疹、かぶれが起きた時、治療や検査をするためにはどこに行けばいいのでしょうか?

皮膚トラブルなので真っ先に皮膚科が思い浮かぶと思います。確かに皮膚科が専科となりますが、金属アレルギーの治療はアレルギー専門、またはアレルギーに詳しい皮膚科にかかることが大切です。そして、パッチテストを受けましょう。

検査にはどのようなものがあるか

金属アレルギーの予防や対策のためには、アレルゲンとなる金属の特定が重要です。そのために行われる検査は次のようなものがあり、いくつかを並行して行うことで判断材料とします。

〇血液検査
アレルギーがあるかどうかの確認のために行われます。
採血によって血液中のIgE抗体の数値を調べます。IgE抗体は体がアレルギーに対抗したときにできるたんぱく質で、花粉症やアトピー性皮膚炎では数値が高くなることで知られています。
しかし、金属アレルギーでは数値が低い場合もあり、これだけでは判断することはできません。

〇リンパ球幼若化試験
患者さんの血液から白血球の中のリンパ球をとり出し、試験管の中で原因と思われる金属と反応させ、アレルギーの有無を確認するテストです。
ただしこの検査は保険適応外なので、費用が1万円ほどかかってしまうのが難点です。

〇パッチテスト
アレルギーの疑いのある試薬を肌に貼り付けて反応を見るテストです。

有用性の高いパッチテスト

金属アレルギーの可能性が高い場合、もっとも有用性が高いものはパッチテストです。

これは金属を溶かした水溶液を肌につけて、アレルギー反応がおこるかどうかをチェックするものです。

スタンダードな検査では、アクセサリーなどに使用される16種類(アルミニウム、コバルト、スズ、鉄、プラチナ、パラジウム、マンガン、インジウム、イリジウム、銀、クロム、ニッケル、亜鉛、金、銅、水銀)について調べることができます。

金属アレルギー(接触皮膚炎)は皮膚科が専科ですが、皮膚科ならどこでも実施しているというわけではありません。

アレルギー専門や、アレルギーに造詣の深いクリニックや病院に限られます。逆に言えば、金属アレルギーが疑われる症状が出たときは、パッチテストを行っている病院を探して受診することが大切です。事前に電話やネットなどで確認しておくと良いでしょう。

通常、初診、テスト当日、2日後、3日後、7日後の計5回の通院が必要となるようです。検査料は健康保険適応ですので、自己負担割合が3割の場合1,000円程度です。別途診察料がかかると予定しておくと良いかと思います。

パッチテストの方法

金属を溶かした水溶液をテスト用の絆創膏に塗布し、背中の中央部に貼り付けます。

48時間後に絆創膏をはがし、その30~60分後に判定を行います。はがしたあとの背中が赤くなっていたり、ただれたりしていれば、そこに貼った金属にアレルギーがあると判定されます。

この時点で反応がなくても、72時間後(3日後)、168時間後(7日後)と時間が経って反応がでることもあります。

ただ、ここまで慎重に行っても、絶対とはいえないのが難点です。陽性反応が出た場合は、その金属にアレルギーがあると判定できますが、陰性でもアレルギーがないとは言い切れません。

その日の体調であったり、水溶液の濃度であったり、条件が変われば陽性になる可能性があるのです。つまりパッチテストで判断できるのは、「アレルギーがあるということに限られる」といった認識をしておくのが良いでしょう。

チャレンジテストで確かめる

パッチテストで用いるのは微量の金属を含む水溶液なので、テスト結果が陰性であっても、やはり臨床状況から金属アレルギーが疑われる場合、「チャレンジテスト」を行う場合があります。

これは金属を多量に含む食品を患者さんに食べさせて、かゆみや発疹を誘発させるテストです。

パッチテストよりも体への負担が大きくなりますが、陽性を見つけ出す検出率は高いです。

検査後に皮膚の症状が悪化すれば金属アレルギーが疑われます。逆に、金属を多く含む食品を極端に制限する検査方法もあります。症状が改善すれば、やはり金属アレルギーが疑われるというわけです。

パッチテスト中の注意事項と副作用

検査用の絆創膏を貼っている2日間は、その部位を濡らすことができないので、入浴やプールは禁止となります。

濡らさないようにシャワーを浴びたり洗髪したりすることは可能です。また、汗で水溶液が薄まってしまうことを避けるため、激しい運動やサウナも控えます。かゆみが生じてもかいたり、たたいたりは禁物です。

また、パッチテストによって副作用が出る可能性があります。軽いものでは、絆創膏かぶれです。また、アレルギー反応が出た場合は色素沈着が残る可能性があります。

さらに試薬によって新たな感作が起こる可能性もあります。これらのことを理解したうえで、検査することが大切です。




金属アレルギーにならない結婚指輪
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当者直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

*土曜日・日曜日・祝日は、予約枠が埋まりやすいので、お早めにご連絡ください。

*月間の制作数は13組が限界です。そのため現在、ご注文から完成まで4ヶ月をいただいておりますので、お早めにご連絡ください。

*ご来店いただかなくても、メールのやり取りだけで遠方からでも、ご注文可能です。お気軽にお問い合わせください。




新作と、お客さまの声を、写真画像とともに、随時こちらで公開しています。最近はご注文数が多く、2日~3日おきに新しく更新していますので、どうぞご覧ください。
↓    ↓
http://ringology.org

この記事を書いたプロ

廣瀬一京

廣瀬一京(ひろせいっけい)

廣瀬一京プロのその他のコンテンツ

Share

廣瀬一京プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-7826-6811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬一京

東京ダイヤモンド株式会社

担当廣瀬一京(ひろせいっけい)

地図・アクセス

廣瀬一京プロのその他のコンテンツ