まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
廣瀬一京

レアメタルによるジュエリー制作を手掛けるデザイナー

廣瀬一京(ひろせいっけい)

東京ダイヤモンド株式会社

コラム

金属アレルギーを持っている彼女へのプレゼントでオススメを紹介

アレルギー対策用ジュエリー

2016年11月3日 / 2016年12月9日更新

男性にとって、女性へのプレゼント選びは難しいもの。クリスマス、バレンタイン、誕生日、記念日など、年に何回か訪れる機会に頭を抱える方も多いのではないでしょうか。

とはいうものの、プレゼントの永遠の定番は何といってもアクセサリーですね。女性を美しく輝かせ、引き立たせるアクセサリーは、いくつあっても嬉しいもので、年代を問わず喜ばれること間違いなしでしょう。

しかし、相手が金属アレルギーを持つ女性の場合どうでしょう?
アクセサリーを贈ることを諦めなければならないのでしょうか?

そんなことはありません。

金属アレルギーの女性も、アクセサリーを楽しみたいと思っているはず。身につけることができるアイテムが限られているからこそ、肌トラブルの心配がなく使える、アレルギー対応のアクセサリーをプレゼントすると喜ばれるのではないでしょうか?

原因金属の把握や情報収集を

現代は、金属アレルギーに悩む方が少なからずいらっしゃいます。

金属アレルギーの根本的な原因は解明されていないのですが、近年になって増えていることから、環境や添加物、ストレスなども影響していると考えられています。

また、何の金属に反応してアレルギーが出るのか、どのような症状が発症するのかには個人差があり、対応が難しい問題でもあります。

ただ、一度発症してしまうと、その体質を治すことはできないので、それ以降はその金属を使うことはできません。

まず、彼女がどの金属でアレルギーが出るのかがわかっていれば、それを避ければ良いわけです。わかっていない場合、パッチテストを受けて反応の出る金属を特定することもできますが、そこまでするほど深刻でもない、というのでしたら、アレルギーの出たことのあるアクセサリーや、どのような症状が出たかなどを確認するなどして情報収集をしておきましょう。

ちなみに最もアレルギー反応が出やすいアクセサリーはピアスで、ネックレスや指輪ならOKという方もいらっしゃいます。そのような場合もアレルギー対応のアイテムを選ぶに越したことはありません。

贈ってはいけない金属とは

金属アレルギーは、汗や体液などによって溶け出した金属イオンが人体に入り込み、たんぱく質と結合しアレルゲンとなることが原因です。

それゆえ、イオン化傾向の低い金属ほどアレルギーを起こしにくいということになります。

アレルギーが出やすいものを順に挙げると、ニッケル、コバルト、スズ、水銀、パラジウム、クロム、鉄、アルミニウム、銅、ルテニウム、プラチナ、イリジウム、銀、金となります。

アクセサリーによく使われる金属で注意しなければならないのが、ニッケル、パラジウム、クロムです。

これらはイオン化しやすい金属で、少しでも含まれているとアレルギーを起こす可能性があります。

逆に金やプラチナなどの貴金属は、イオン化傾向の低い金属でアレルギーを起こすのは少ないと言われています。

しかし、世の中に出回っているプラチナ900という素材は、パラジウムを10%混ぜて硬くしたプラチナパラジウム合金です。

18金となると銀と銅を各12.5%混ぜている金・銀・銅の合金です。

金やプラチナでのアレルギーの可能性は低いのですが、銅やパラジウムでアレルギー反応を起こす方が少なくありません。

金属アレルギーの女性にアクセサリーを贈るときは、メインの金属だけでなく、含有されている金属が何かということまで気を使う必要があります。

アレルギーを起こさないレアメタル

これらよりも、金属アレルギーを起こす可能性が低い金属があります。

それはチタン、ジルコニウム、ハフニウム、ニオブ、タンタルです。

これらはバルブメタルという金属群に属し、歯科金属や人工骨にも使われるほどで、安全性については、一般にアクセサリーとして出回っている金属よりも期待することができます。

金属アレルギーの方に特におすすめなのは、タンタルとハフニウムです。

これらは産出量や流通量が少ないレアメタルです。採れる地域も限定されており、タンタルは主にオーストラリア、ハフニウムは南アフリカで産出しています。

これらは汗や体液はもちろん、強酸や化学物質にも溶ける心配がないのでイオン化することがありません。
温泉や海水に浸かっても影響を受けません。人工骨や手術縫合糸などの医療用途に用いられるほど安全性が高い金属です。
それだけでなく、宝飾品としての美しさは貴金属に劣りません。タンタルは黒っぽい輝きを持ち、ハフニウムはプラチナのような銀白色で、どちらも高級感があり、目の肥えた女性でも満足されることと思います。

金属アレルギーの女性にアクセサリーをプレゼントする場合は、どの金属がいいのかをあらかじめよく話合い、また、デザインも自由に決められるオーダーメイドにしてはいかがでしょうか。

サプライズはありませんが、選ぶ楽しさやでき上がるまでの過程など、また違った楽しさを味わうことができると思います。




金属アレルギーにならない結婚指輪
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当者直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

*土曜日・日曜日・祝日は、予約枠が埋まりやすいので、お早めにご連絡ください。

*月間の制作数は13組が限界です。そのため現在、ご注文から完成まで4ヶ月をいただいておりますので、お早めにご連絡ください。

*ご来店いただかなくても、メールのやり取りだけで遠方からでも、ご注文可能です。お気軽にお問い合わせください。




新作と、お客さまの声を、写真画像とともに、随時こちらで公開しています。最近はご注文数が多く、2日~3日おきに新しく更新していますので、どうぞご覧ください。
↓    ↓
http://ringology.org

この記事を書いたプロ

廣瀬一京

廣瀬一京(ひろせいっけい)

廣瀬一京プロのその他のコンテンツ

Share

廣瀬一京プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-7826-6811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬一京

東京ダイヤモンド株式会社

担当廣瀬一京(ひろせいっけい)

地図・アクセス

廣瀬一京プロのその他のコンテンツ