まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
土田拓己

中小・零細企業の味方・経営問題を解決する税理士

土田拓己(つちだたくみ)

土田総合会計事務所/税理士法人レガート

お電話での
お問い合わせ
03-5524-0050

コラム

配偶者控除の改正~あんま変わんないじゃん、と妻。~

税金のお話

2017年4月4日 / 2018年4月5日更新

平成29年税制改正大綱が、昨年平成28年12月22日に閣議決定されました。

いろいろな改正はありますが、トピック的なのは“配偶者控除の見直し”です。
来年の平成30年所得税から適用されます。

「配偶者控除の廃止か?」と事前に“伏線”が新聞発表で騒がれましたが、廃止でなく見直しで落ち着きました。平成30年になってから、改めて騒がれることになるのでしょうね。

今回の改正で目新しいのは、夫の年収でも控除額に差が付くことなったことです。
便宜的に、納税者=夫、配偶者=妻、として開設します。(わかりやすさのためですよ。ほんと。)


夫の年収


妻の収入が0円の時の配偶者控除は、夫の年収に応じて次の金額になりました。

①夫の年収  1,120万円以下     ⇒ 38万円(改正前 38万円)※影響なし
②夫の年収  1,120万円~1,170万円 ⇒ 26万円(改正前 38万円)※増税
③夫の年収  1,170万円~1,220万円 ⇒ 13万円(改正前 38万円)※増税
④夫の年収  1,220万円~       ⇒ 0円(改正前 38万円)※増税 

平均的なサラリーマンの年収は400~500万円とも言われていますので、ほとんどの人はこの影響を受けない、ということでしょうかね。
配偶者控除廃止の方向として、段階的に高額所得者は配偶者控除をなくす方向、ととれます。


103万円の上限はどうなった?


現在の配偶者控除は、【上限103万円の配偶者控除】【103万円~141万円の配偶者特別控除】がセットなので、もともと103万円の上限は存在しませんでした。とはいえ、心理的に【103万円】が独り歩きしている感がありました。

奥さんがパートで働いている場合、気にしているのは社会保険の130万円のほうでしたよね。
103万円を超えるかどうかで気にしていらっしゃる方は、家族手当支給がある会社の社内給与規定の支給要件が103万円になっている場合です。

夫の年収が『1,220万円以下』の場合で、妻の年収によって控除額がどのようになったか整理しました。

①妻の年収 103万円以下      ⇒ 控除額 38万円(改正前 38万円)     ※影響なし
②妻の年収 103万円~141万円以下  ⇒ 控除額 38万円(改正前 38万円~3万円)※減税
③妻の年収 141万円~201.6万円以下 ⇒ 控除額 38万円~0円(改正前 0円) ※減税

上記のように、『奥さんも税金を気にしないで、140万ぐらい稼いでね。』という改正になったわけです。

という話を奥さんに話すと、『でも、130万円以下にしなきゃいけないんでしょ!!あんま、変わんないじゃん。』とのこと。。。
税制調査会もぶった切りの発言ですみません。

でも、多くの働く女性の声じゃないかと思います。
ということは、結局今回の改正は、(1)の『高所得の方は、配偶者控除はやめてもらいます。』という改正だった、ということでしょうか。

お粗末様でした。

この記事を書いたプロ

土田拓己

土田拓己(つちだたくみ)

土田拓己プロのその他のコンテンツ

Share

土田拓己プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5524-0050

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

土田拓己

土田総合会計事務所/税理士法人レガート

担当土田拓己(つちだたくみ)

地図・アクセス

土田拓己のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-06
instagram
Instagram
facebook
Facebook

土田拓己のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-06
instagram
Instagram
facebook
Facebook

土田拓己プロのその他のコンテンツ