まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
土田拓己

中小・零細企業の味方・経営問題を解決する税理士

土田拓己(つちだたくみ)

土田総合会計事務所/税理士法人レガート

お電話での
お問い合わせ
03-5524-0050

コラム

会社の決算は3月決算が多いのは理由がありそうです

会計のお話

2015年12月12日 / 2015年12月15日更新

日本の企業は3月決算が多い、ということは有名なお話ですが、なぜ多いのかということを
考えてみました。

【1】国の年度が4月から3月である

これがもっとも有力です。
国の年度に従って、大手の企業は3月決算が多くなり、その下請けの中小企業も右にならったということです。

しかし、『国の年度がなぜ3月締めなのか?』という疑問が残ります。


【2】賞与支給計算期間との関係

年度が3月締めの理由は、諸説ありますか、『賞与支給計算期間』と合わせたのではないかと思います。

一般的な夏と冬の賞与は、次のような計算期間で評価・査定されて支給されます。

■6月賞与 (計算10月~3月)⇒下期の目標達成率で評価
■12月賞与(計算 4月~9月)⇒上期の目標達成率で評価

では、これが仮に、5月決算だったらどうでしょうか。
12月賞与の計算期間 4月~9月の間に決算が入ってしまいます。

■12月賞与(計算 4月~9月)⇒4月~5月+6月~9月の達成率を合計して評価

このようなに、12月の賞与の計算に不具合が生じます。
6月~9月の新年度の成果も、たった4月間の課題達成を見なければいけないということで、実務的には、納得性のない評価になりかねません。

会社で予算や経営計画を立てているところは、決算期にあわせて立てるものです。
そして、その計画にあわせて、昇格や組織変更も実施されます。

仮に、昇格して新年度から平社員から管理職になった人の評価は、平社員評価+管理職評価ということで、大変煩雑ですね。


【3】何月決算が良いの?

では、3月決算にすることが最も良いのでしょうか?

税務的に考えますと、3月・9月決算では不都合が生じることが多々あります。
中小企業が3月決算にこだわるのは良くないでしょう。

私がお手伝いした企業の中では、【法人決算年度】と【経営計画年度】が同じである必要はない、という考え方で、決算は違うが計画年度を4月~3月に定めているという会社がありました。

法人決算年度は、税務会計の視点決めるのが良いです。
この決め方は、別のコラムで。。。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 土田総合会計事務所
□ 所長 土田 拓己
■〒104-0061 東京都中央区銀座1-14-10 松楠ビル5階
□TEL:03-5524-0050 FAX:03-5524-0051
■携帯:090-8439-2727
□URL:http://www.t-sk.jp/
■E-mail:tuchida@t-sk.jp  tuchida@legato-ta.jp
□税理士法人登録番号 第2369号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

土田拓己

土田拓己(つちだたくみ)

土田拓己プロのその他のコンテンツ

Share

土田拓己プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5524-0050

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

土田拓己

土田総合会計事務所/税理士法人レガート

担当土田拓己(つちだたくみ)

地図・アクセス

土田拓己のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-13
instagram
Instagram
facebook
Facebook

土田拓己のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-13
instagram
Instagram
facebook
Facebook

土田拓己プロのその他のコンテンツ