マイベストプロ東京

コラム

アジサイ”紫陽花””の長持ち、養生の仕方

2020年6月9日 公開 / 2020年6月11日更新

テーマ:フラワー・テーブルコーディネート

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: インテリアコーディネートガーデニング 柵ブーケ 生花

6月も早くも1週間が過ぎ、住まいとしている東京も
30度越え。。。真夏日です。
コロナ禍により薔薇の季節を楽しむことが殆ど叶いませんでしたが
6月水無月のイメージ”紫陽花”もこの暑さではあっという間でしょうか?
少しでも庭植えや鉢植え、切り花の”紫陽花”を長く楽しんでいただけるよう
少し養生の仕方のヒントをしたためたいと思います。
紫陽花アレンジ
その前に基本的なアジサイ”紫陽花”についておさらいを。
学名:Hydrangea
科名:ユキノシタ(アジサイ)科
属名:アジサイ属
開花時期:6月~7月
花色:青、紫、ピンク、白、緑、赤
ガクアジサイとてまり咲きのアジサイ、ヤマアジサイ、西洋のアイドランジア
の4種などがあります。
隅田川の花火
↾こちらは「隅田の花火」という名前のガクアジサイです。空に広がる花火のような
趣きから名付けられたようですが、日本人はなんとも命名の仕方が粋です。
(育て方のポイント)
①水はけのよい、水持ちの良い土を選ぶ。
⓶実は日なたを好むので半日以上は日光が当たる場所を選ぶ。
③Hydrangeaは「水の容器」という意味で、水切れに弱いので
土の表面が乾いたら水やりをする(夏場は日に二回程度必要)。
土だけでなく葉の間の害虫などを防ぐために葉の間にも水やりを。
④「花後の剪定」は2節目の芽の上2cmくらいを切るのが適切。
ガクアジサイは装飾花が開花し紫陽花がひっくり返った
タイミング、手まりタイプは開ききって色あせてきたら剪定。
※土が酸性の場合は青色に、アルカリ性ならピンク色よりに変わる
ことが知られていますが、自分で花色をコントロールするのも
楽しいですね♡

(切り花の長持ちのさせ方)
最近は小ぶりなものからブライダルに重宝される白やグリーンまで
多岐にわたり楽しむことが出来ますが、普通の花のようにあつかうと
すぐにしおれてしまいますので、長持ちさせるコツを!
①切り口を真っ黒に炭化するまで火で焼き深めの器で水のつける(1h以上)
⓶同じく茎の切り口にミョウバンをつけて深水にして水につける( 〃  )
⓷楽しんでいる途中に紫陽花の浜がしおれてきた場合は、水の中で一度
水切りをしてから、お花ごとたっぷりの水に浸す。
私は①②をあまり実行していませんが③の方法をくりかえすとたちまち蘇り、いつも2週間以上楽しんでいます。
(こんながっかりになったアジサイも)
紫陽花水揚げ
(洗面所などでたっぷりのお水に浸してください)
切り花紫陽花
★どうぞお楽しみくださいね。
以前は花色が徐々に変わっていくことからか、「移り気」「浮気」「無常」など
花言葉もあり、ハレの席やギフトにあまり使われませんでしたが、前述したように
ブライダルの用途も多く、またこの頃はカーネーションでなく紫陽花の鉢植えを
母の日に贈ることも多いようです。
Instagramにも綴りましたが、実は紫陽花は花の色ごとに花言葉があり、素敵なので
ご紹介いたします。
青=辛抱強い愛  ピンク=元気な女性  白=寛容  です。
白アジサイ
コロナ禍でストレスが蔓延し、自分と違う感覚の人に怒りが向けられているように
思います。
平時の際の怒りに似たものは「負けられない!頑張るんだ」という気持ちにつながりますが
こういうかつてないストレス社会では怒りが他者への暴走となったり、自分への悲しみに
跳ね返ったりします。
紫陽花の花のように、柔軟に辛抱強くそして寛容でありたいと思います。

↾ Studio HANAしずく Instagram 
FLOWER WEDDING TABLE など
upしています。
是非お立ち寄りください。blogも是非。。。(^_-)-☆

https://ameblo.jp/studiohanashizuku/

この記事を書いたプロ

香田早智子

空間コーディネートも手がけるフラワーアーティスト

香田早智子(Studio HANA しずく)

Share

香田早智子プロのコンテンツ