まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
牧野内直美

フラクタル心理学で“ビジネス力”を引き出す専門家

牧野内直美(まきのうちなおみ)

有限会社スタットワーク

牧野内直美プロのご紹介

ビジネス・人生を思い通りに好転させるフラクタル心理学(1/3)

スタットワークの牧野内直美さん

「思考は現実化する。100%例外なく!」と考えることがスタート

「社会人として、ビジネスパーソンとして、知識・経験ともに十分に培ってきた方々の力を活用しないのは社会的な損失。何よりみなさんの人生にとっても非常に勿体ないことだと思います」。スタットワークの代表を務める牧野内直美さんは確信をもって断言します。フラクタル心理学に基づき心の仕組みを学ぶことで悩みを根本から解決し、人間関係の改善や自己成長へと導くセミナーを数々主催してきた牧野内さん。2016年2月よりビジネスでの成長や起業を成功させる方法に特化した「稼げる個人ビジネス加速講座」をスタートさせました。
 
 フラクタル心理学のフラクタルの意味は「相似形」。「五感で認識する現実のすべては自身の思考が現実化したもの」と定義づけます。思考が現実にというと一見全ての望みが叶うという風に聞こえますが、ここでいう思考とは自覚的な意識(=顕在意識)と無自覚な意識(潜在意識)両方の総称です。「顕在意識はわずか5%で95%は潜在意識なんですね。なぜ悩みや問題が解決しないかというと根本の原因が潜在意識にあるから。かといって潜在意識は目に見えませんから、現実を潜在意識の鏡として問題を読み取り、解決しようという心理学です」
 努力しても結果がのびない、ビジネスで今ひとつ飛躍できないといった、望ましくない現実もフラクタル心理学では潜在意識が作り出したものと考えます。「失敗することが怖い、実力を信じられない……色々でしょうが足をひっぱる想いが潜在意識にあるということです」
  
 部下が想い通りに動かない、上司が自分を評価してくれない……。自分は悪くないと、つい被害者意識を強くする場面は多々ありますが、「人に言いたい言葉は実は自身に言いたい言葉。たとえば部下に『もっと勉強しろよ』と言いたくなった時は、心に向かって『自分にとっての勉強とは何だろう』と言ってみる。自分に問いかけ考えることによって思考が深まっていくんです」。
 トラブルも苦手な人もすべては自分を知るきっかけ。つまりは360°が学びの場。人生を好転させたいすべての人にとって必要なパラダイムシフト(価値の大転換)を起こすのがフラクタル心理学です、と話します。

牧野内直美プロのその他のコンテンツ

Share

牧野内直美プロのその他のコンテンツ