まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
本山恭子

事業主と労働者のよりよい関係づくりを支援する社労士

本山恭子(もとやまきょうこ)

本山社会保険労務士事務所

本山恭子プロのご紹介

就業規則とコミュニケーション、それが労務問題を予防・解決する極意(1/3)

事業主と労働者のよりよい関係づくりを支援する社労士 本山恭子さん

労使問題の多くはコミュニケーション不足から生じる

 労務問題などのトラブルを抱えた事業主が、助言や提案を聞くために頼りにするのが社会保険労務士。本山恭子さんの元にも、さまざまな問題に頭を悩ませた事業主たちがやってきます。本当はそうしたトラブルが起こらないよう、予防策を講じる時点で社労士が関われればいいのでしょうが、何か起こってからでないと相談するまでには至らないのが現状です。けれど、本山さんの考えは前向き。

 「ご相談にいらっしゃる時、既に問題を抱えている状態ということは、それだけ解決したいという強い思いを持っていらっしゃるということでもあります。ですから、解決に向けて真剣に取り組んでくれるという利点がありますね。また、トラブルが起きたことで、それまでの会社のあり方を顧みるきっかけにもなります」

 相談に訪れる事業主には、社員とのコミュニケーションが不足しがちという共通点が見受けられるそうです。「仕事の上での指揮命令、会話は交わしていても、そこから先の“感情”には触れていないのではと感じます。コミュニケーション不足は、さまざまなトラブルを引き起こすきっかけになります。また、約束事をしっかり決めていないケースも目立ちます」

 たとえば、メンタルヘルスの問題を抱えている社員が無断欠勤したとします。日頃からコミュニケーションを取っていて、社員がどのような状態にあるのか把握できていれば、何があったのだろうと心配する気持ちが最初に来るでしょう。ところが、互いの信頼関係ができていなければ、怒り心頭に発するだけかもしれません。

本山恭子プロのその他のコンテンツ

Share

本山恭子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-6427-7751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

本山恭子

本山社会保険労務士事務所

担当本山恭子(もとやまきょうこ)

地図・アクセス

本山恭子のソーシャルメディア

rss
rss
2017-09-05

本山恭子プロのその他のコンテンツ