まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
藤田比左子

看護職の看護論文執筆支援・情報管理の専門家

藤田比左子(ふじたひさこ)

創世看匠(そよみしょう)

藤田比左子プロのご紹介

看護職のキャリアをサポート。変容する看護の世界で成長する意欲を後押し(2/3)

藤田比左子さん 打ち合わせ風景

研修を受けただけでは効果がない。身につく実践型の研修カリキュラム

 看護の現場に、看護師として、教授として長年携わってきた藤田さんは、看護の業界にひとしきり深い想いを寄せています。その中でもこれまでの研修運営に疑問を呈しています。「看護職に向けた研修はありますが、そのほとんどは単発の研修でフォローアップがありません。研修を受けただけに終わらせず、身につけるためには研修後のフォローアップが必要です。これがないと、やはり効果は得られないと言っても過言ではありません」こう語る藤田さんの研修は丁寧なアフターフォローがあり、その個別のフォローで成果を上げています。

 そして、知識伝達型より、参画型の研修がより重要だとも藤田さんは言います。「私の専門は情報管理関係です。ビッグデータの活用や医療者の情報倫理などをお伝えしていますが、ただ知識を伝えるだけでなく、自ら考え、自分ごととして受けることを主体にカリキュラムを構成しています。インプットしたことをその場でアウトプットする、そして頭の中で考えるだけでなく、その考えを言語化して相手に伝えることが重要です」

 後から振り返ることができるノートや、研修中のディスカッションが現場に戻った時に役立つと藤田さんは言います。「例えば管理職は部下に適切な指示をする必要があります。ですが看護職の人たちはつい体が動いちゃうんですね。それでは、部下が育ちません。適切に指示をするためにも言語化はとても大切です」

藤田比左子プロのその他のコンテンツ

Share

藤田比左子プロへの
お問い合わせ

藤田比左子

創世看匠(そよみしょう)

担当藤田比左子(ふじたひさこ)

地図・アクセス

藤田比左子のソーシャルメディア

facebook
facebook

藤田比左子プロのその他のコンテンツ