マイベストプロ東京
内山統子

マーケティングの知見でブランディングに強いデザイナー

内山統子(うちやまのりこ)

ソラローブコンサルティング

内山統子プロのご紹介

顧客が誇りの持てるデザインを納めるのがミッション(1/3)

マーケティングの知見でブランディングに強いデザイナー 内山統子さん

ブランディングにおいては事前のヒアリング、対話を重視

 ソラローブデザイン事務所の内山統子さんは、デザイナー。個人事業主や中小企業向けに、Webサイト、ロゴ、チラシ、名刺、看板、店舗デザインなど、さまざまなツールのデザインを手がけています。
 
 マーケティングの知見を持ち合わせ、企業ブランディング、個人ブランディングを強みとします。企業理念やミッション、コンセプトを明確にするのがブランディングで、「経営も指針がなければ、目的地を見失ってしまう。ブレない軸を持つためには、マーケティングに基づいたブランディングが必要」と内山さんは話します。
 そして、ブランディングで明確になった“その人らしさ”をビジュアルに落とし込むのが内山さんのデザイナーとしてのスタイルです。感性と技術でデザインを提供するというデザイナーとは一線を画します。

 士業をはじめ、コンサルタント業、コーチ業、セミナー業、美容系など自分自身が“看板”となるような職業、あるいは事業を立ち上げたばかりで独自性の打ち出し方がわからないという人向けに、特に強みを発揮しています。これまで行政書士、司法書士、クリーニング店、レストランなどのブランディング&デザインを手がけてきました。

 制作過程において、内山さんが重視するのは、事前のヒアリングや対話です。
「最初に、ビジョン確定シートへの記入をお願いしています。そこで、Competitor(競合)、Customer(顧客)、Company(自社)の『3C分析』を行います。ブランディングは、誰に向けて、自分は何を発信したいのかを明らかにすることが大切。特に、社会的使命は重要で、これがないとユーザーの心には響きません」
 情報過多の時代にあって、考えを整理整頓して、余計なものをそぎ落としていく作業にもなります。「そこから本当に自分が必要とするものが見えてきます」と内山さん。

 密なコミュニケーションで顧客の思いを引き出すことも心がけます。打ち解けて、本音を聞かせてもらうことで、「欲しかったのは、これ」という、その人、その会社にマッチしたビジュアルが表現できるといいます。

Share

内山統子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-9329-0143

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内山統子

ソラローブコンサルティング

担当内山統子(うちやまのりこ)

地図・アクセス

内山統子プロのコンテンツ