まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

摂食障害の、食べる! か 食べないか! の極端さ!!

摂食障害のカウンセリング

2018年7月20日 / 2018年8月19日更新

完璧主義のオールオアナッシング的食事!!



食べるなら、とことん食べてしまう!!

食べないとなったら、もう食べない!!


この場合は、

過食と拒食を繰り返してしまうというパターンです。

そこには、完璧主義の頑固さがあるものです。


     ダイエットするなら徹底的にやってしまう!

ダイエットがもう駄目だと思ったら、

     完全に放棄して一気に食べて体重急増!!


適度な頃あいというものがありません。



白か黒か、ALL or Nothing、 0 か 100かの世界です。


結果至上主義の場合に起きやすい現象でもあります。

結果が出なければ意味がない。


プロセスでいくら努力していても
結果が出なければ認めてもらえない。


ここですね、結果第一の条件付き愛情!!


子どもの頃によく体験するのは、

成績が良ければ褒めてもらえるけれども、
成績が悪いと何も認めてくれない・・・・・・・


何かいい結果を出さないと意味がない。


酷い場合には否定される。


といった環境に育っていると、完璧でないと意味がない
といった思考になりがちです。


子どもには、ちゃんとそのプロセスや努力、



そして、

そこにある気持ちというものを認めてあげることが大切です。

そうしないと、完璧主義の白黒思考というのは強化されてしまい、
柔軟な考え方ができなくなってしまうものです。


大切なのは、目の前の現実の自分というものを受け容れられて、
柔軟に対応できるしなやかさ・・・・


まず、現実を受け容れ、そこからスタートすればいいのです。

理想の自分を描いて、そこから減点していくととても辛いものがあります。


できること、できたことを認めていってあげる加点主義になっていくことが、
とても楽に柔軟に生きられる方法です。


食べるか?

食べないか?


ではなくて、


少し食べてみるか?


少し食べるのを控えてみるか?


まあ~そんなものでいいか・・・・



といった感覚に。



そこは、
拒食の心理にもかかわってくるところです。

拒食症の食べられない深い理由
についても動画を是非ご覧ください。
  
また、
先日、WEB講座として、

  “摂食障害が治らない3つの理由”

の解説動画を撮りましたので、是非ご覧ください。

また、
その辺についてはまずは、メールレッスンや
摂食障害克服ハンドブックをまずご覧ください。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
摂食障害の初歩的なところは、
過食や拒食などの摂食障害を治すための
30日間の無料メールレッスンにご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/
無料小冊子摂食障害ハンドブックの特典付きです!!

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/eatingdisorder_handbook/ 
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。
動画解説もしてますので是非どうぞ!!
 
まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ