まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

摂食障害の食べたい気持ちはどこからくるのか???

摂食障害のカウンセリング

2018年5月28日 / 2018年8月20日更新

摂食障害の過食衝動にもいろいろある

 

  ”食べたい”

という強い欲求・・・・・

それは、どこから生まれてくるのでしょうか????


同じ”食べたい”という欲求でも様々なタイプがあるようです。

   ”見るもの聞くものみんな食べたい!!”

   ”とにかく甘いものが無性に食べたい!”

   ”目の前にあるもんは食べないと気が済まない!!

   ”とにかく思い切り詰め込みたい!!”   

   ”お腹をパンパンにして苦しくしないと気が済まない!!”

などなど様々あります。



身体的な欲求と感情的な欲求と・・・・


この食べたい欲求は先日触れた、身体的な飢餓や食品の中毒や

低血糖症の影響などはもちろんありますが、いちばんケアすべき

大切なものは、

    ”感情による過食衝動”


です。

ほとんどは感情で食べているのです。


そして、これの恐いところは、本人は、


    ”感情で食べていることに気づいていない!!”


ということです。


問題の明確化がまず大事


ここは、カウンセリングで掘り下げていくことによって浮上してきます。


どのようにするかというと、まずは、問題を明確化していきます。

    いったい、どこが問題になっているのか???

それはカウンセリングで見当をつけていくわけです。


そして、そこを掘り下げていくのですが、
掘り下げていくのは、言葉のレベルで掘り下げる訳ではありません。

それでは、なかなかみつかるものではあありません。


無意識下にあるものを探っていく


やはり、

      ”無意識下にある感情”

を探し当てていくことが大切です。


その方法は、リラクゼーションチェアに座っていただき、リラックス誘導
してから始めます。


深層意識に迫っていくには、身体感覚を多く使っていきます。

     どんな感覚やイメージがあるのか?????

感覚で掘り下げていくということをやっていきます。


そうすると、本当の過食の原因が浮上してくるものです。


それらで多いのは、やはり、

      ”さみしい”

      ”愛されたい”

      ”満たされたい”

      ”イライラする”

      ”モヤモヤする”

      ”不安で不安でしょうがない”

といったようなものです。


まずは、その深層にあるものを見つけ出します。

そして、
その原因を解決するためには、
さらにその源へとアプローチしていきます。


また、
その辺についてはまずは、メールレッスンや
摂食障害克服ハンドブックをまずご覧ください。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
摂食障害の初歩的なところは、
過食や拒食などの摂食障害を治すための
30日間の無料メールレッスンにご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/
無料小冊子摂食障害ハンドブックの特典付きです!!

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/eatingdisorder_handbook/ 
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。

まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ