まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

★少し秘密の部分に入って・・・★

摂食障害のカウンセリング

2018年2月24日 / 2018年8月14日更新

摂食障害を克服していくには、最終的には自分自身の強さをつくっていく・・・

と、前回までのところでしたが、ここからが、なかなかブログの文章
では伝え難く、また理解してもらうのにも困難が伴ってくるところ
でもあります。


そして、そのような理解や体験の中にすんなり入っていける人といけない
人がいて、誤解が生じやすいところなので、慎重にならざるを得ない
ところでもあります。


ただ、ここが、いちばん重要なところで、肝腎要のところです。


ここが、秘密の部分でもあります。


ここは、少しずつ紹介していきたいと思います。


まず、そこで重要なのが、

    ”思考と感性”

の問題です。



現代人は、思考重視型で、感性が軽視されがちなのですが、
そこがまず問題となってくるところです。


頭ばかりいが働いて、頭と身体が分離していて、身体感覚が
とても鈍ってしまっています。


メンタルの病気になりやすい人は、思考重視の思考偏重型の
人が多いものです。


感情を抑圧していて、思考でどうにかしようとしています。


これが、考え過ぎで、うつ病や不眠症の原因にもなっているところです。


ここが、カウンセリングを進めていく上でも大きな問題になってくるし、
病気を克服していく上でも重要なポイントになってくるところです。



摂食障害でよく話題になる、

   ”手のかからないいい子”

というのが正にその典型です。


思考で本当の感情を抑えつけていい子にしているのです。

これが病気の原因にもなっているところです。


ここを治していくには、思考偏重をやめて、感情を解放していかなく
てはいけません。


でも、

これが、そう簡単にいくものではないので、苦労してしまうわけです。


ずっと、感情を抑制して、自分の本当の気持ちを表現しないよう
にしていると、自分の感情や本当の気持ちがわからなくなっていて、


そして、それがブロックになってしまっています。


そのブロックがあると、カウンセリングやセラピーで奥に入って
いくのにとても苦労することになってしまいます。


そのような人はセラピーでよく使うイメージが描けないということもあります。


だから、ブロックのある人は、まず感じるレッスンから始めて
いく必要があります。 また、イメージ力のレッスンも大切です。


自分の感情をちゃんと感じる、自分の本当の気持ちを感じる、



そして、可能であれば少し表現してみる。


ここができないと、本当に深く入っていって、強い自分をつくって
いくということがなかなかできません。


ここは、時間のかかるところなので少しずつ紹介していきたいと思います。


でも、

この入り口のところで諦めないでください。 

ここで自分には合わない無理と思わないでください。


必ずできるようになります。 一緒に地道にやっていきましょう!!


また、 
ダイエットでお悩みの場合は、
まずはメンタルが大事なとこです。

      メンタル  → 食  →    運動

の順番。


その考え方で、ダイエット方法を
集大成したのが、

      631メンタルクリアダイエット

です。

今なら、電子書籍プレゼント!!
無料メールレッスン付き!!
是非ご登録を!
➔ http://www.sinbilife.info/coaching04.php

少し食とダイエットの悩みが深い方は、
過食や拒食などの摂食障害を治すための
30日間の無料メールレッスンにご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/
無料小冊子の特典付きです!!

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/eatingdisorder_handbook/ 
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。

まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ