まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

★甘いものがたべた~い! の悪循環★

摂食障害のカウンセリング

2018年2月9日 / 2018年8月17日更新

摂食障害で何かと話題になり、問題になるのが甘いもの。

   ”我慢するのは甘いもの!!”

   ”頭の中を離れないのも甘いもの!!”

   ”過食するのも甘いもの!!”

   ”食べて後悔して堕ち込むのも甘いもの!!”

この罠に嵌って、摂食障害は悪循環のループへと陥っていってしまいます。


ほんと、甘いものは、凄い存在です。



なぜ、これほどまでに、甘いものは、人間を支配してしまっているのでしょうか???


昔は、甘いものは貴重品でした。


今は、いくらでも手に入る時代になりました。


この、甘さ、砂糖には、麻薬的なところもあるものです。


ほんと砂糖は恐いものです。


また、人間がなぜそれほどまでに、甘味を欲しがるのかというと、
当然、即エネルギーになる糖質を強く欲するということもありますが、
一説によると、次のような仮説もあります。


    人間はもともとは、原始時代には、野生の種実類とフルーツを採集
    して食べるという採取民族であったので、甘味を欲しがるのは、実は
    フルーツの甘味を欲しがるように本能的にプログラムされているのだ。


という考えもあります。 栄養学的に言うと、ビタミンが不足すると、甘味が欲しく
なるとも言われています。だから、甘いものへの衝動を抑えるには、果物を摂取する
か、野菜を豊富に摂ったり、サプリメントでビタミン補給をするといいようです。


でも、

    甘いものがたべた~い!!


の悪循環から抜け出すには、以下の基本は、まず踏まえてください。


     ”ストレスへの対処法を身に付け実践する”

     ”糖質が足りてないので、食事でご飯をちゃんと食べる”

     ”極度に甘いものを我慢しない”

     ”満たされない気持ちを満たしていってあげる”

     ”さみしさを解決していく”

     ”栄養バランスの取れた食事をする”


なんだかんだ言っても、甘いものの欲求にいちばん絡んでくるのは、
メンタルの状態。



ストレスへの対処というのは、過去の自分の問題や抱えているネガティブな信念
や、無意識の内に出てくるネガティブな感情です。


甘いものへの欲求を生みだしている心理パターンをしっかり掴んでいくことが、
甘いものへの欲求とそれによる悪循環を防いでいくれます。

カウンセリングによるケアがとても大事なところになります。



また、 
ダイエットでお悩みの場合は、
まずはメンタルが大事なとこです。

      メンタル  → 食  →    運動

の順番。


その考え方で、ダイエット方法を
集大成したのが、

      631メンタルクリアダイエット

です。

今なら、電子書籍プレゼント!!
無料メールレッスン付き!!
是非ご登録を!
➔ http://www.sinbilife.info/coaching04.php

少し食とダイエットの悩みが深い方は、
過食や拒食などの摂食障害を治すための
30日間の無料メールレッスンにご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/
無料小冊子の特典付きです!!

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/eatingdisorder_handbook/ 
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。

まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ