まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

★過食や拒食はネガティブな感情をケアする★

摂食障害のカウンセリング

2017年11月7日 / 2018年10月21日更新

摂食障害を克服していく上で大切なのは、ネガティブ

な感情との向き合い方。


特に過食症の場合には、それが嫌で過食してしまうというのが

ほとんどです。


過食症や拒食症の摂食障害はは、ネガティブな感情があって、

心が不安定になって生じてきてしまう病気です。



だから、このネガティブな感情をどのように扱っていくのかが

とても大切なところです


まずそこのところの考え方なのですが、昨日も少し紹介した

NLPのコアトランスフォーメーションでは、ネガティブな感情

のポジティブな側面に目を向けていきます。


例えば、過食症の場合によくあるのは、

    ”何か胸がザワザワする!!”

といった症状をまず訴える人が多いものです。


   ”胸のザワザワを消したいから過食する!!”

というものです。



このように、胸のザワザワと向き合わずに消そうとしてしてしまいます。



コアトランスフォーメーションでは、この胸のザワザワには肯定的な意味

があると捉えて向き合っていくということをやっていきます。


胸のザワザワと向き合っていくと、

   ”寂しい”

   ”愛されたい”

   ”とても不安”

といったような声が聞こえてきたりすものです。


そして、大切なのは、


     これはいつから抱えている問題なのか???


これは、ほとんどが幼少期から抱えているものです。

つまり、子どもの自分の問題をずっと引きずっているのです。


そこで、やっていくのは、その子どもの自分の欲求を聴いていって

あげるということをやっていきます。


子どもの欲求=肯定的な意図、それを聴きだしてそれを満たしていって

あげて、子どもの自分を癒していってあげるのです。


病気をつくり出すようなネガティブな感情の源のほとんどは

子どもの頃にあるものです。


それをポジティブに捉えて癒していってあげると、ネガティブな感情

を引き出して嫌な気分になることもなくポジティブな変容を遂げて

いくことが可能になります。


対人関係でうまく言ってない人には特にお薦めの方法です。



摂食障害克服のための無料メールレッスン。
摂食障害克服の基本的な知識は、
まず無料メールレッスンにご登録ください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/

摂食障害克服の基本について学ぶ基本レッスン。
全18回に渡りお届けします。

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/eatingdisorder_handbook/
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。

まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http:

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ