まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

★知らないうちに過去に支配されている★

摂食障害のカウンセリング

2015年4月1日 / 2018年8月15日更新

私は、過去は全て忘れてしまってないことにしている!!

と言っている人ほど、実は過去に支配されていたりします。

それは無意識です。


ほとんどの場合が自動的には反応しています。

だから自分では気づかないのです。  それがあたりまえになってしまっています。


例えば、

  ”ある一言で怒りが爆発してしまう”

  ”何かあると人を批判したり責めたくなってしまう”

  ”ある出来事で異常に不安や恐怖に襲われてしまう”
 

 などなど、知らず知らずに過剰に反応してしまっている・・・・

これらは、ほとんどが抑圧してしまっている過去の自動反応による現象です。


そうやって、過去に支配されて無意識のうちに人生送ってしまっていて、

   ”何でうまくいかないのだろう????”

ということになってしまいます。


それでは、どうすればいいのか????

というと、

   ”過去は変えてしまえばいい!!”


というととても無責任でいいかげんに聞こえるかもしれませんが・・・・・


基本的には以前お伝えした、

”物語を変える”

ということをやっていくと人生を変えていくことができます。


あなたの”人生の物語”です。


知らず知らずのうちにあなたがつくり上げている”人生の物語”です。


物語をつくりなおして、新しい自分をつくっていくための方法です。


そこで、何がいちばん大切かというと、

もし不幸な現実が今あるのであれば、まずはその不幸をつくり上げた物語の

源をしっかり確認すること。


不幸物語の源を確認できたら、その源のマイナスに働いている影響を

まず変えていく必要があります。


不幸物語のマイナスになっているもの、

例えば、

家庭環境に恵まれず、ずっと周りの目を気にしてきた、

ず~っと我慢してきた、

自分のやりたいことが何もできなかった、

などなど。


その、今にいちばん影響を与えている物語の源をガラリと変えてしまう

ということです。 自分のイメージの中でということです。


それは、今を変えるためのファーストステップです。


過去のイメージをガラリと変えてイメージして、それを潜在意識に定着させていきます。


まずは難しく考えずにやってみることです。


そこから自己の再構築がスタートします。


過去は自分の中の記憶(イメージや感情そして思考)でしかありません。

多くの人はその記憶にマイナスの影響を受けて苦しんでしまいます。

そのマイナスを取り除きプラスへと転換していくことがまず大事なのであって、

そのファーストステップが、

”過去は変えてしまえばいい!!”

ということです。


  ポジテイブシンキングをしようと思っても、どうしてもできない!!

  結局はネガティブ思考になってしまう!!

そういう人の原因はここにあるものです。


これをやってみるとわかるのですが、過去が手放せてしまうのです。

いちばん大切なのは、この過去を手放し、過去から自由になるということです。

そうして、人生の物語を変えて、新しい自分をつくっていきます。


これが、摂食障害の克服のためにもとても大切になってくるところです。



NEW リニューアル版!!
無料メールレッスンはこちらからご登録してください。
     ⇒ http://www.sinbi-s.info/free_mail_lesson/
こちらのハンドブックも参考にしてください↓↓↓↓↓↓
摂食障害克服のためのハンドブックが無料ダウンロードできます。
⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ