まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

★自分より周りの人のために尽くす・・・は美しいですが・・・★

摂食障害のカウンセリング

2015年3月29日 / 2018年8月20日更新

ここが結構多いものです。

  ”常に自分より人のことを優先して考える”

その気持ちは貴いものです。


いつも、相手が何を考えて、どうして欲しいと思っているのか?

それを先回りして察してその期待に応えようとする。


自分の欲求は極力抑えて出さないようにして、すべて相手の欲求に合わせる。

自分の意見は出さず、周りの様子を見ながら周りに合わせるようにする。


   ”自分を出さず周りに合わせ周りのために尽くす”


これはこれで素晴らしいことなのですが、これで多くの人が病気になってしまっています。


このような人は、一見、心優しく愛情深く素晴らしい人なのですが、病気になってしまいます。


これが、摂食障害を抱える人によくあることです。


ご本人は、信念としてこれが自分の理想的な生き方だと思っているので、

これが病気を引き起こしているとはなかなか気づきません。


これが、あるべき理想像だと思っているので変えようとはしません。


でも、これが原因で摂食障害になってしまいます。


ここに気づいて、変えていこうと思わないと摂食障害は治っていきません。


気づくべき重要な事は、


   ”周りに尽くすその奥にどのような気持ちがあるのか????”


ということです。

   ”病気になる人と病気にならない人との違いはどこにあるのか???”

ということです。


その奥にある、自分を突き動かしている、

   ”欲求”

に、大きな違いがあります。


まずは、自分の奥にある欲求に気づいていくことがスタートになります。

一体、自分は何を望んでいるのか???

その違いが病気になるのか、愛情深い人になるかの大きな違いになって

くるところです。



NEW リニューアル版!!
無料メールレッスンはこちらからご登録してください。
     ⇒ http://www.sinbi-s.info/free_mail_lesson/
こちらのハンドブックも参考にしてください↓↓↓↓↓↓
摂食障害克服のためのハンドブックが無料ダウンロードできます。
⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ