まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

★拒食症のルールを変えていくには???★

摂食障害のカウンセリング

2015年3月17日 / 2018年8月15日更新

先日は、拒食症の人は厳しい食のルールを課している

というお話でしたが、

そのルールを破り、拒食症を克服していくにはどうすればいいのでしょうか。


そこは、前回触れたように家族の暖かいい支えはとても大切なものです。

それに加えて、カウンセリングでは何をしていくのか?

ということになります。


基本は、安心感です。

もちろん、家庭での安心感や対人関係での安心感がとても大切です。

対人関係療法ではそこを重視して取り組んでいきます。

ただ、そこだけではなかなかカバーしきれないうのが現実的なところです。


そこで、とても効果的な方法はイメージ療法や催眠療法になります。
      http://www.sinbiz.jp/anorexia2/

やはりポイントは安心感です。


拒食のルールは、安心を得るための行為なのです。

安心を得るということは、

怖れる気持があるということで、

何を恐れているかというと、

体重の増加を恐れているのです。


さて、ここで終ってはいけません。


何故、体重の増加を恐れるのでしょうか???


ここがとても重要なところです。

多くは本人も気づいていません。

無意識です。


まずはここを押さえていきます。 体重増加を恐れる理由です。

ここを掘り下げて突き止めていくのは、イメージ療法や催眠療法が得意とするところです。
  http://www.sinbiz.jp/anorexia2/

潜在意識下にあるこの理由を明確化していきます。


何で体重増加を怖れるようになってしまったのか???
ここを捕まえれば後は解決していくだけです。

解決されれば、怖れは消えて安心感が増えていきます。

安心できれば、ルールは必要なくなります。


つまり、拒食のルールは破られます。


怖れの多くは過去の辛い・悲しい体験にあります。

特に子ども頃のものは大人の目からみれば些細なことでも、

子どもにとっては生命危機に匹敵するものです。軽々しく扱わない

ことがとても大切です。


イメージ療法や催眠療法では、深層意識にある不安を探りあてて、

それを安心に変えていくということをやっていきまます。



NEW リニューアル版!!
無料メールレッスンはこちらからご登録してください。
     ⇒ http://www.sinbi-s.info/free_mail_lesson/
こちらのハンドブックも参考にしてください↓↓↓↓↓↓
摂食障害克服のためのハンドブックが無料ダウンロードできます。
⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ