まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

摂食障害の甘え下手はどうすればいい???

摂食障害のカウンセリング

2013年9月21日 / 2018年9月22日更新

前回は、摂食障害の人に甘え下手が多いということでしたが、

それでは、それをどうしていけばいいのか???

ということですが、

やはり、大切なのは、まずそのプロセスを辿っていてみるということです。


辿っていくと、


その原因のほとんどは幼少の頃の経験にあります。

家族がいつも忙しいくて大変な状況だったと、家族が不仲でいつも気を使っていたとか・・・・

そのような経験によって、ずっと触れてきている、制限的な信念=コアビリーフが出来上がります。

この場合は、

”甘えてはいけない”

とか、

”人に頼ってはいけない”

とか、

”人に迷惑をかけてはいけない”

と言ったような、コアビリーフになるかと思います。

それは、やはり家族との関係性の中で築かれていくものです。

だから、それを変えていくには、そこが鍵を握ってくるところでもあります。



ただ、まずは、自分の中のそのようなものがあるということに気づくことが大切です。


そうして、気づいたら、その信念を少しづつでも変えていこうとするアクションを起こしていくことです。

それが、甘え下手を変えて、摂食障害を治していくことにも繋がっていきます。


そのための方法はいくつかあります。


まず、簡単な方法を紹介すると、自分を言葉で許してあげるという方法です。


”甘えても大丈夫だよ”

”甘えてもいいんだよ”

”たまには人に迷惑かけてもいいんふだよ”

”人に頼ってもいいんだよ”

”そんなことで、人に嫌われないから大丈夫だよ”

など、声に出して自分に言ってあげるということです。


スポーツ界などでよくおこなわれるセルフトークに近いもので、

スポーツの場合には自分を鼓舞する力強い言葉を発するのですが、

この場合は、自分を許す優しい言葉がけをしていきます。


自分を許してあげたり、自分を認めてあげたり、

自分を褒めてあげたりと言うことは大変効果的なものです。


是非、やってみてください。


摂食障害の無料メールレッスンはこちらから ⇒ http://www.sinbi-s.info/mail_lesson/
 
こちらのハンドブックも参考にしてください↓↓↓↓↓↓
摂食障害克服のためのハンドブックが無料ダウンロードできます。
⇒ http://www.sinbiz.jp/freehandbook/
過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ