まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

★条件つきの愛になりがち・・・★

ココロを整える

2012年9月14日 / 2018年9月20日更新

先日の話では、条件つきの愛で育てられたこどもは,



本当の自分を生きられないというお話でした。




それでは、そのような母親はどんな母親なのでしょうか?




条件付の愛になりがちなのは・・・



実は、理想が高くて高学歴の母親に多いようです。



自分の理想があって、こうしいたとなって、自分の設定した枠にはめて、

その基準を満たすように育てていきます。




早期からの幼児教育などは最たるものですね。



まだ日本語も上手に話せない幼児に英語を教えたり、



塾に通わせたりして教育熱心な教育ママ。。。




そうではないにしても、子どものことを何でも親がやってしまう、

決めてしまう母親などもそうです。




母親としては、強い愛情表現なのかもしれませんが、

何でも先回りして面倒をみてしまう・・・・




子どもが泣く前に、欲しがる前に先回りして充分なものを与えてしまう。



先回りして子ども将来を決めてしまう。



そうなると子どもは、自分の感覚や感情を感じたり、自分で考えて行動して

いくことができなくなります。




本来の自分がわからなくなってしまうわけですね。




つづきはまた・・・・








Facebookでいいね!をクリックするだけで、1,000円お得です。

⇒ http://www.facebook.com/SINBIZEN

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ