まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

催眠療法を誤解していませんか?

催眠療法(ヒプノセラピー)イメージ療法

2012年8月24日 / 2018年9月22日更新

催眠療法(ヒプノセラピー)はまだまだ誤解が多いようです。



催眠商法や催眠術のイメージがつよいのかも知れませんが、



知らないうちに暗示をかけてどうにかしてしまうものではありません。




催眠療法は摂食障害の克服にはとても有効なもなのです。

http://www.sinbiz.jp/anorexia2/




どのようにしていくかというと、



まず、多いのが満たされなかった欲求を満たしてあげるということ。



例えば、子どもの頃本当はお母さんに甘えたかったのに甘えられなかったという欲求を



十分に満たして上げます。



それは、ほとんどの人が無意識下に持っている欲求で、本人は気づいていません。



その無意識が、摂食障害に影響を与えていうるケースが多くあります。



その欲求に気づき癒していくだけでも、摂食障害は改善されていきます。




あと多いのは、イジメなどのトラウマのケースです。



やはりイジメなどのトラウマで人の目を気にしすぎて、



嫌われたらどうしようという考えが潜在意識に入りこみ、対人関係で多大なストレスを



抱え込むケースが多くあります。



トラウマを解決することによって、現在の対人関係は劇的に変わっていくものです。




これらの様に催眠療法は暗示では、癒しによって深い所から変容を促していくものです。



この方法がとても摂食障害の克服には役に立つものなのです。

興味のある方はこちらをどうぞ ⇒ http://www.sinbiz.jp/anorexia2/










Facebookでいいね!をクリックするだけで、1,000円お得です。

⇒ http://www.facebook.com/SINBIZEN

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ