まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
福山裕康

潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

コラム

(過食・拒食のカウンセリング)摂食障害の治療は対人関係療法がいちばん

2011年11月28日 / 2018年8月20日更新

摂食障害の原因の筆頭は、



何と言っても母親との関係性。



ただ、母親の育て方が悪かったといわけではありません。




そこは、あくまでも関係性です。



娘と母親の関係・・・・




確かに母親の理解というは重用なポイントにはなりますが、



摂食障害の本人の理解と姿勢もとても重要です。




その多くが、自分の気持ちがうまく表現できず、



本来の自分が生きられない!



結局は母親のコントロール下にいつもいる・・・・・・




といったもの。





そこに焦点をあてて、改善を図っていくのが



対人関係療法です。




対人関係療法は、世界のスタンダードな治療法であり、



科学的にその効果が検証されているものです。



興味のある方はこちらをどうぞ

http://www.sinbiz.jp/eating2/















ワークショップ
”インナーチィルド癒しとラビング・プレゼンス”
参加者募集中!!
http://www.sinbiz.jp/workshop20111218/


摂食障害克服カウンセリングのSINBI
http://www.sinbiz.jp/

この記事を書いたプロ

福山裕康

福山裕康(ふくやまひろやす)

福山裕康プロのその他のコンテンツ

Share

福山裕康プロのその他のコンテンツ