マイベストプロ東京
  1. 【マンション投資】部屋の方角によるメリット・デメリット(その4)
三浦義明

創立25年以上の信頼と実績を誇る不動産投資コンサルタント

三浦義明(みうらよしあき)

株式会社シノケンハーモニー

お電話での
お問い合わせ
0120-076-770

コラム

【マンション投資】部屋の方角によるメリット・デメリット(その4)

2016年3月14日

テーマ:不動産投資

今回の第四弾は北向きのお部屋について。

4つの方角のなかで最も不人気なのが北向きです。

年間を通して日差しが期待できず
北からの冷たい風が吹き込んで寒いイメージが強いのでしょう。

でも、マンションの住戸は角住戸や最上階
1階でなければ上下左右をほかの住戸に囲まれているので
一戸建てに比べて冬でも暖かいのが一般的です。

躯体のコンクリートは熱を蓄える性質があるので
室内が一度暖まれば日差しがなくても、それほど寒くはないはずです。

まず、単身者向けの投資であるなら
入居者は朝と夜しかいないので問題ないでしょう。

土日の休みも、家族で団らんをする訳ではないので
家でネットをして引きこもるか外で友達と遊ぶのが一般的です。

ファミリー物件でなければ特に問題がないでしょう。

なにより、北向きの住戸は
ほかの住戸に比べて新築分譲時の価格が安いので
同じ予算でも広い家が買えることが最大のメリットと言えます。

今の時代、北向きが嫌われる
これといった要因はなさそうです。


弊社の不動産投資セミナーは無料で受講でき、初心者でも分かりやすい内容になっています。
セミナー来場者には、無料でシミュレーションをお作りします。
≪無料≫不動産投資セミナーの詳細と申込みはこちらから


もっと詳しい話を不動産投資のプロに聞きたい!というかたは
無料相談会も開催しています。
セミナー講師が対応します。
「セミナー講師を贅沢に独り占め!」不動産投資無料相談会


セミナーに来れない方には、初心者でも分かりやすいと評判の不動産投資の資料を無料でお送りします。
ぜひこちらから資料請求をしてください。
「失敗しない不動産投資の秘訣」マンガ&DVDをプレゼント!

この記事を書いたプロ

三浦義明

創立25年以上の信頼と実績を誇る不動産投資コンサルタント

三浦義明(株式会社シノケンハーモニー)

Share
関連するコラム