マイベストプロ東京
阿部泰志

心を育てる名門「志学ゼミ」塾長

阿部泰志(あべやすし) / 塾講師

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

コラム

大学入試は一般入試を軸に考えましょう

2020年5月23日

テーマ:鉄人

コラムカテゴリ:スクール

コラムキーワード: 勉強法 おすすめ


従来志学ゼミ高等部の私大受験に対する基本方針は、「センター試験で滑り止めを抑え、一般受験で本命に挑戦する」でした。

これが出来たのは、従来のセンター試験がGマーチを含むほとんどの私大入試の選抜で利用されていたからです。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの鉄人こと水谷です

田端で36年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの合格実績成績UP実績はこちらをご覧ください。

鉄人の1ポイント英語講座はこちら→https://www.youtube.com/channel/UC4XXZj1ELoWO7sO7tRflZNg/videos

しかも、センター試験で試される技能が「文法」、「読解」を中心とする筆記試験とリスニングだけで、比較的対応し易かったかったからです。
センター試験の筆記試験はGマーチレベルよりも易しく、本命のGマーチやそれ以上のレベルの大学を受験する前の練習としても最適だったため、「まずは、センターで高得点をとる」を目標に受験生を叱咤激励してきたわけです。

しかしながら、英語センター試験大改革が発表されて以来、センター試験は筆記試験のみから成る標準試験に取って代わり、国公立大学受験は4技能を査定する業者試験も加えての総合評価に移行することが伝えられています。

しかしコロナウイルスの影響で入試の話は全く触れられていません。

国立大のトップの東大や私立大のトップの早稲田大がセンター試験に代わる標準試験を不採用にするのだとすれば、主な国公立大や私立大もそれに倣う可能性が高いのではないでしょうか?

また、業者試験にしてもどの大学が採用するのか、どの程度の得点を要求するのかが明らかにされておらず、少なくとも私立大学入試に関する限り、業者試験用の対策は効果があまり期待できないような気がしてなりません。

私大は2月に一般試験をすることに変化はありませんから、一般入試対策に力を入れた方が、得策だと考えられます。

ひたすら英文法の紹介はこちら→http://shigaku.biz/

ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。

http://shigakuzemi.info/

田端で37年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
小学生クラス中学生クラス高校生クラスのご紹介
教室長からのメッセージはこちらからご覧ください。
無料体験の受付はこちらから。
保護者の皆様からの声もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

この記事を書いたプロ

阿部泰志

心を育てる名門「志学ゼミ」塾長

阿部泰志(有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室)

Share

関連するコラム