まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
阿部泰志

心を育てる名門「志学ゼミ」塾長

阿部泰志(あべやすし)

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

コラム

小6英語は音読!国語は空欄を作るな!

芳賀講師

2016年5月11日


4月は英語の音読が進みました。

1日1ページを進めることを目標としています。合格をするために教室に入ってくる時の生徒たちの手には教科書が握られていました。

塾に来ている途中に練習をしているのでしょうか。車に注意をしてくださいね。練習は教室か自宅でするようにしましょうね。

北区、荒川の学習塾、志学ゼミの芳賀です。

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの合格実績成績UP実績はこちらをご覧ください。

練習の成果がしっかりと出ている生徒がたくさんいます。Yさんは毎回1番最初にテストをしてくださいとお願いをしてきます。

それだけ自信があるのですね。そして毎回合格をしています。もうすでに1年生の教科書のLesson5まで終了をしています。本当に素晴らしいですね。これからも練習をしっかりと行っていきましょう。

英語を中学に入ってから得意科目にするためにはこの時期から文章の音読を進めておくことが非常に重要になります。どれだけ多くの時間文章を読んできたかが重要です。1日何分と時間を決めて練習をするようにしましょう。

 国語の時間にはこのようなことがありました。ある授業の時にステージ(文章読解)のテキストの答え合わせをする時に生徒たちの解答欄を確認しました。するとほとんどの生徒たちに空欄の箇所があったのです。

私は生徒たちには空欄を作ることだけはするなと伝えています。理由は空欄を作ってしまうとそこの部分は絶対に得点をもらうことが出来ないからです。

空欄で点数を取ることは出来ません。宿題の問題は時間に制限がありません。考える時間はいくらでもあるわけです。何回も文章を読み返し、自分なりの解答を作ってくることが重要です。

そこで空欄を作ってしまうことはさぼりのほかにありません。絶対にしてはいけません。さらに1度空欄を作ってしまうと空欄を作る習慣がついてしまいます。

「宿題はこれくらいでいいや、あとは解説を聞いて答えを書いておこう」では成長しません。空欄があった生徒は別の部屋に移動をさせて解答を作ってもらいました。

その後に答え合わせをしました。国語の点数を上げることは非常に難しいことです。文章を何回も読んで理解をし、自分なりの解答を作ってくることから点数のアップが見込めます。さぼらずに時間をかけて勉強をするようにしましょう。
 
1学期中には教科書の音読をしっかりと進めて1冊を読み切るつもりで進めていきましょう。PARTⅡが終了し、Ⅲにはいっていきます。文章の内容は難しくなっていきます。

空欄を作らないためにも語彙力をつけていき、漢字学習を進めて難解な文章も読めるようになっていきましょう。目標は毎月の模試で国語の点数で90点以上を取ることです。頑張っていきましょう。

田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
小学生クラス中学生クラス高校生クラスのご紹介
教室長からのメッセージはこちらからご覧ください。
無料体験の受付はこちらから。
保護者の皆様からの声もご紹介しています。

志学ゼミ
塾長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

この記事を書いたプロ

阿部泰志

阿部泰志(あべやすし)

阿部泰志プロのその他のコンテンツ

Share

阿部泰志プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3894-0568

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

阿部泰志

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

担当阿部泰志(あべやすし)

地図・アクセス