まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
阿部泰志

心を育てる名門「志学ゼミ」塾長

阿部泰志(あべやすし)

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

コラム

やるべきことをやって入試へ

塾長ブログ

2016年2月7日


やらなかった後悔を一つずつかたずけること。そして「やれるだけのことはやった」その思いで入試会場に臨むことが大切です。

これは単に受験生だけのことではありません。我々の日常にもいえることなのです。ただ受験期になると日程が最初に決まっていますからその意識が高まってくるだけなのです。

北区、荒川の学習塾、志学ゼミ塾長の阿部です。

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの合格実績成績UP実績はこちらをご覧ください。

ではそのためには

①「やらなければならないこと」を書き出す。
②その期限を決める。
③そのためのできる日々のスケジュールを決める。
  その時、できることの内容かどうかを自分に問う。
④自分の目の前に出来上がったものを置く。
  毎日やったことをスケジュールをみながら確認する。
  終わらなかった場合には週内で調整できるかどうかを確認する。
⑤毎日、受験させてもらえる「ありがとう」と声に出していってみる。
⑥やりあげたものを受験会場に持って行く。それが君の最大のお守りです。

これを実践すると「充実感」が味わえ、
受験できる、させてもらえることへの感謝がでてきます。ありがとう。

講習最終日には志学ゼミでは全学年テストを行います。その後に直し、そして「あと一歩前に進もう」の合言葉でやりあげたこと、やり上げようとすることへのチャレンジが行なわれました。

「全ては日常にあり」

その習慣が自分を支えていきます。

当塾の目指しているのは「自立」です。

受験生の心得としてこんな話をしました。
腹を立てない。ケンカをしない。ありがとうを言う(感謝する)。

ものごとに反発すると自分に反発する状況が返ってきます。循環します。自分にいやな問題、苦手な問題が入試に追ってきます。

原点は「受験させてもらう」。だから「ありがとう」ですね。

田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
小学生クラス中学生クラス高校生クラスのご紹介
教室長からのメッセージはこちらからご覧ください。
無料体験の受付はこちらから。
保護者の皆様からの声もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

この記事を書いたプロ

阿部泰志

阿部泰志(あべやすし)

阿部泰志プロのその他のコンテンツ

Share

阿部泰志プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3894-0568

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

阿部泰志

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

担当阿部泰志(あべやすし)

地図・アクセス