まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
阿部泰志

心を育てる名門「志学ゼミ」塾長

阿部泰志(あべやすし)

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

コラム

私立大学入試対策について 

鉄人

2015年3月28日 / 2015年6月16日更新

受験生は私立大学入試問題対策を行います。できるだけ易しいレベル(特に文法問題が多いもの)からスタートし、次には MARCH レベル、秋には最難関私大や国立大学の2次試験までレベルアップしていくつもりです。

北区、荒川の学習塾、志学ゼミ塾長の鉄人こと水谷です。

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの合格実績成績UP実績はこちらをご覧ください。



先日、日本大学を扱った際ですが、「あれっ」と思うような出来事がありました。O 君は最難関私大を志望していますので、日本大レベルの長文はほぼ問題がないと思っていたのに、結構見落としが多いのに気がついたのです。

O 君:「この長文の設問の When the author first met him, Ben had been ( ).
『書き手がベンに最初に会った時、彼は ( ) だった』の選択肢で、どうして (3) の a very cheerful O person.『とても陽気な人』が正解になるんですか?」

私:「first met him…つまり初対面の印象なんだから、最初の段落に書かれていなかったかい?」
O 君:「うーん、ベンは牛乳の配達人で、書き手のいとこのところに牛乳をある朝届ける場面から始まっていますから、その前のことについては特に触れていないんじゃないですか?」

私:「ほら、2行目にhe wasn't his usual sunny self『彼はいつもの陽気な彼ではなかった』と書いてある。」
O 君:「ああ、『ベンはいつもは陽気だ』 ということなのか。細かいところを聞いてきますね。じゃあ、これはどうですか?当時、全ての家にビン入りの牛乳を配達してもらうのは was an unusual sight『珍しい光景だった』と思い、(3) を選んだのですが。

2段落目に
I was delighted that milkmen still brought bottles of milk to doorsteps.
『牛乳配達人がいまだにビン入りの牛乳を戸口まで運んできてくれるのが私は嬉しかった』と書いてあります。」

私:「うん、選択肢に better なものがなければ、正解になる可能性はある。ただ、ほら、(4) の had become uncommon『一般的ではなくなっていた』の方が still…『まだ… 』をよりよく言い表しているよね。君は選択肢に引っ掛けられたことになる。」

O 君:「文章の大枠は分かったはずだったんですけど、細かいところでミスしていますね。

あと、
unless another pretty mother starts playing on my sympathies.
『別のきれいな母親が私の同情心をくすぐり始めさえしなければ』が、(3) の if someone does not take advantage of me『もし誰かが私につけこもうとしなければ』と同じ意味になるのがよく分からなかったのですが。」

私:「ああ、これはジョークだね。いいかい、この話の中でベンはある母親に同情してお金を貸すがしばらく返してもらえない。それに腹を立てているんだけど、ベンの欠点って何かな?」
O 君:「きれいな女に弱いって事ですか?」

私:「その通り。だから、別のきれいな奥さんが同情をひいてつけ込む可能性はあるわけだ。」
O 君:「そうか。かなり類推力が要りますね。」

8 月まではセンター試験対策中心の授業をしています。O 君に限らず、やや素直なセンターの長文に慣れている塾生達はtrickyな長文の選択肢に引っ掛けられる可能性が高いと思います。日本大学レベルの問題でも上記のように類推力プラス選択肢識別力が必要とされ、簡単ではありません。また、2007 年度からセンター試験も出題傾向がかなり変わり、類推力を必要とする問題が増えています。

高校の英語は覚えるべきことが多く、塾生たちは出来るだけ単純に問題をこなせる万能薬を求めるきらいがあります。しかし、物事は「いそがばまわれ」という諺にもあるように、「試行錯誤」して得られた知識こそが記憶に定着するのです。「楽な方に逃げよう」とする塾生には特に「試行錯誤」を繰り返してもらうために各文法項目の「必要性」を授業中に納得してもらうことがよくあります。

http://shigakuzemi.info/

ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校、岡山朝日高校、帝京長岡高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。資料請求はお気軽に。(出版部より)

志学ゼミ出版部はこちら
http://shigaku.biz/
田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
小学生クラス中学生クラス高校生クラスのご紹介
教室長からのメッセージはこちらからご覧ください。
無料体験の受付はこちらから。
保護者の皆様からの声もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

この記事を書いたプロ

阿部泰志

阿部泰志(あべやすし)

阿部泰志プロのその他のコンテンツ

Share

阿部泰志プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3894-0568

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

阿部泰志

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

担当阿部泰志(あべやすし)

地図・アクセス