まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
小関陽子

自分を喜ばせる仕事を引き出すキャリアコンサルタント

小関陽子(こせきようこ)

ShareThat

コラム

キャリアコンサルティングを受ける ①

今日は梅雨の晴れ間?
涼しくて過ごしやすい1日に感じました

今更ですが(^^;)

「キャリアコンサルティングってどうやって受けられるの?」
「キャリアコンサルティングって何するの?」

最近、重なってご質問を頂いたので
ちょっと基本に戻って
キャリアコンサルティングについて

キャリアコンサルティングとは

厚生労働省のHPには
「キャリアコンサルティング」とは、
労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び
向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます

とあります。

キャリアコンサルティングの流れ
①自己理解
②仕事理解
③啓発経験

今後の職業生活設計・目標の明確化等に係る
④意思決定

職業選択・求職活動・能力開発等の
⑤方策実行

新たな仕事への
⑥適応
<厚生労働省HPより>


キャリアの相談と言うと、就職・転職の為
のように感じられるかもしれませんが
私が主として行っているのは企業での「定着」です

転職ありきのキャリアではなく
今いる場所でどのようなキャリアを創れるか
を主としています

現在、厚労省では企業が人材育成に基づいたキャリアコンサルティング(面談)と多様なキャリ研修
を組合せ、体系的で定期的に従業員を支援していく事が推奨されており
その仕組みづくりとして「セルフ・キャリアドック」という制度の導入を勧めています。
企業のニーズは様々で、また次回これについては書きたいと思います。

個人の方からのニーズは転職に関するご相談は多いですが
その内容は
*人間関係の悩み
*自分がやりたい仕事を見つけたい
*自信を持ちたい
*将来が心配

キャリアコンサルティング
なんて聞くと何か特別な人が受けるモノ
というイメージがあるかもしれないですが
働くって人生の中にありますよね
しかも結構な割合を占めます

働く時間が「嫌」を感じる時間であれば、人生が「嫌」と感じる可能性も高くなる
働く時間が「好」を感じる時間であれば、人生は「好」と感じれば・・・です

働くは
■存在・・・自分という存在の証
■喜び・・・生きる喜び
■豊かさ・・・人生や社会に豊かさを生む
■未来・・・人と社会の未来を創る
■愛・・・人が持つ愛を目に見える形に出来る

私はこう考えています
東日本大震災後、復興支援事業として「仕事づくり」のプロジェクトに携わりました
主に主婦や漁師の奥さん達に仕事をして頂くプロジェクトだったのですが
ここで私はこの5つを実感しました

人は役割(存在の証)が無く、日々の喜び、生きる為の豊かさを失い、
そして希望となる未来が見えず
人の中にある「役に立ちたいという」愛情を現わす場を失うと
生きる意味を見失い生きる事を諦めてしまう

でも、仕事・働くが動き出すと
人は自分に役割を感じ、人や業務に喜びを感じ
日々の「お金」を手にする事で
明日という未来に向かう事が出来、希望を感じ始める
そして「自分でなければ」「この人の役に立ちたい」そんな「愛」を感じながら
形となっていく業務を繰り返す事で
生きる意味を取り戻し、全てを失ったと思った人達が動き始める

仕事が持つ力、人の力を圧倒的な勢いで見せつけられたのが
私にとっての復興事業でした

被災者の方がへの「仕事づくり」為のプロジェクトでしたが
私が得たものは、私自身の仕事に対する価値観、そして今の私に繋がる
私の「仕事づくり」でした

仕事が無くなったら、皆さんどう思いますか?
今の仕事、ちゃんと見てますか?理解していますか?
本当はやれるはずの事、諦めていませんか?

自分の人生を生きられるのは、自分だけ
人に代わってもらう事も、人の人生を代わってあげる事も
残念ながらできません

だから、自分が自分の事を考えてあげなければ
だ~れも考えてはくれません

キャリアコンサルタントは、大切に丁寧に自分を考える為の
伴走者のようなもの
だから、メンテナンスのように気軽に受けてみて欲しいなぁって思います

キャリアコンサルタントを探される際は
キャリコンサーチと言うサイトもありますし
ネット検索でも探せます(^^)v

それぞれに得意分野などもると思いますので
コンサルタントのプロフィールなどを読んで、選ばれると良いと思います

ツイッターでも質問受け受けています(^^♪

キャリア支援、働き方改革支援
 キャリアコンサルティング&ビジネスカウンセリング ShareThat


個人カウンセリング申し込み

この記事を書いたプロ

小関陽子

小関陽子(こせきようこ)

小関陽子プロのその他のコンテンツ

Share

小関陽子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

小関陽子プロのその他のコンテンツ