まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
小関陽子

自分を喜ばせる仕事を引き出すキャリアコンサルタント

小関陽子(こせきようこ)

ShareThat

コラム

こころ

日中の暑さは未だ感じますが
やっぱり朝夕は涼しくなってきましたねぇ

9月
そろそろ秋かぁ

今年も後半に入ります
これまでの事を少し振り返りつつ
後半に向けて、私は何だか次のステージへ行くのかなと感じています。
根拠ないんですけど(-_-;)

本日のテーマは “こころ”

こころって何だろう
って思った事、皆さんはありませんか?

私はずぅ~っと
何だろう。。。。
って思ってきました。そして今も未だ思って居ます。

現在の仕事をする5年ぐらい前から

特に「自分のこころの声が聴きたい」
ただただ、そう願い、こころの声に憧れ、時に恨めしく思うぐらいに
その声が聴きたくて

願って願って願ってきました


気になる本を読み漁り
目につくセミナーにも行ける限り行きました
占いも行きました。

それまでの私は“こころの声”って
本当に何か聞こえてくるとか、見えるとか
なんかそういう事かと、勝手に解釈し

これも違う、あれも違うと迷って迷って

やっぱり私には「こころ」は分からない
私が何をしたいのか、何を求めているのか どこへ進めばいいのか
私には分からないのだと、激しく落ち込みました

でも、今私は、自分の“こころの声”が聴けている 聴こえている
と強く思っています

そんな私が、一言で“こころの声”を表現するとするならば

「ストンと落ちる」

です

自分にしっかりと目を向けて、ポジティブもネガティブも認知して
自分を愛して、自分を大切できてくると

ふっと何かが浮かびます

私の場合は「言葉」が浮かぶというか、ふと気が付く文字や
言葉がふっと湧いてくる

人によっては、絵が浮かぶ人もいれば、
ゾワッと体で感じる人がいたり

人それぞれですが

とにかく、その浮かぶもの、湧き上がるもの、感じるものが

「ストンと落ちる」

腑に落ちる、腹落ちする

なんて良く言いますよ そんな感じ

差ほど根拠がなくても、突拍子もなくても

なんだか

「ストンと落ちる」のです


そしてとても「納得」できる

あぁ私、こんな事思ってるんだぁ。こうすればいいんだぁって


これが自分にちゃんとできてくると、人との対話も変わります

カウンセリングの講座やキャリコンの講座でも

「クライアントの言わんとしている事を聴く」的な内容、教わると思います(今でも教わるよね?!)

これって、ちゃんと自分の「こころの声」が聴けていると出来てきます

最近、キャリコン目指している、勉強したいなんて相談が多いのですが

是非、対話の仕事を目指す人には

自分の「こころ」「こころの声」ちゃんと対峙して欲しいなぁって思います



キャリアコンサルティング&ビジネスカウンセリング ShareThat

この記事を書いたプロ

小関陽子

小関陽子(こせきようこ)

小関陽子プロのその他のコンテンツ

Share

小関陽子プロのその他のコンテンツ