まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
清田真未

美そうじで心も体も美しく健康にする整理収納のエキスパート

清田真未(せいたまみ)

一般社団法人日本整理収納協会

清田真未プロのご紹介

お金をかけず、美そうじでおうちも体も心もきれいに!  毎日の快適な暮らしは美そうじから(1/3)

有限会社真栄コーポレーション代表取締役 清田真未さん

美そうじの基本ステップは、整理収納・お掃除・習慣化

 お掃除といえば家事の一つ。主に主婦の役割と考えられてきましたが、近年家庭と仕事を両立する女性が増え、その負担を軽減するため、ニーズに応じたいろいろなツールや方法が考案され、今では一大ビジネスを築き上げるまでになりました。
 今回はそんなお掃除ビジネスの最先端を担う1人、清田真未さんを訪ね、清田さんが提唱・実践している「美そうじ」についてお話をうかがいました。

 お掃除をすると部屋もきれいになり、とても清々しい気持ちになります。清田さんが提唱するお掃除は、さらにその一歩先を行く美そうじです。
 キャッチフレーズは「心きれい!体きれい!お家きれい!」。お掃除をすることでお家がきれいになり、さらには心も体も健康で、笑顔あふれる楽しい毎日をおくることができるというもの。美そうじにとりかかる前には必ずカウンセリングをして現状を把握し、お客様にあったメニューを決めます。
 美そうじには整理収納・お掃除・習慣化という三つのステップがあります。「整理収納とはお部屋を片づけてお掃除しやすい環境をつくること。それには頭の中の整理が大切。でないと片づけは成功しません。頭の中がもやもやしていると、実際の空間もゴチャゴチャになっていることが多いものです。でも、考えているだけではダメ。自分が持っている物をすべて出し、家の間取りなどすべての所有スペースを図に描き出して現状を把握して頂きます。そのうえで、お客様が最終的にどうしたいのかゴールを決めます」と清田さん。
 
 ゴールのイメージが明確に固まり、整理収納が終わったところでようやくお掃除開始。美そうじで提唱するお掃除には毎朝短時間で行う「ささっとお掃除」や、一週間に一度時間をかけて隅々まできれいにする「しっかりお掃除」があり、モップや床ワイパー、掃除機などツールごとの使い方が初級編・中級編・上級編に分かれています。
 お掃除の最中も背筋をピンと伸ばして体重移動をする、動いている時は呼吸を止めないなどが美そうじダイエットの基本姿勢。それはまさしく筋トレ! 筋肉を鍛えることで太りにくい体をつくることが、長い目で見てダイエットにつながるのだそうです。
 一連のサイクルができたら、リバウンドしないようにキープすることが大切。お客様の心が折れることがないよう、その気持ちに寄り添いながら一歩一歩ステップを登って行きます。

清田真未プロのその他のコンテンツ

Share