まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
内山裕崇

成績アップ・勉強嫌い克服の講師

内山裕崇(うちやまひろたか)

さくら学習院

お電話での
お問い合わせ
042-223-7707

コラム

立教大学の現代文攻略法はコレだ!!

みなさん、こんにちは。

今日は、【立教大学】の【法学部、経済学部、異文化コミュニケーション学部、経営学部、観光学部、コミュニティ福祉学部、現代心理学部、社会学部】


法・経・異文化コミ・経営学部、観光・コミュ福祉・現代心理・社学



立教の上記学部の国語の現代文は、評論文2題構成です。
日程・年度によって1題が随筆文になることもあります。

問題は標準レベルですが、紛らわしい選択肢があるので要注意。
試験時間75分では時間切れになる恐れがあります。

「指示語の内容・接続詞の関係を確認しながら文章全体の主旨を掴む」など、
スピードを意識した読解の工夫が必要です。

また、立教の上記学部の国語では、漢字の読み・書き取り問題は必出ですので、
ここで確実に得点することも大切です。


プラスα



☆概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)


立教大学・法学部 の国語の特徴を挙げると、大きく次の通りです。

 ・問題レベルは標準的。ただし、時間配分に要注意
 ・試験時間内に解き終えるよう、スピーディに解き進めることが必要
 ・選択問題は、紛らわしい選択肢が多いので要注意

こうした傾向を把握した上で、合格点以上を取るための受験戦略と対策を立てることが必要です。

ここからは、さらに詳しく入試の傾向と対策ポイントを解説していきます。

大問3題。現代文2題、古文1題の構成。
時間配分に注意が必要。

・マーク式(選択式)と記述式の併用。
・選択式問題のほとんどは、内容説明問題。
・記述式問題は、漢字の書き取りや内容説明。


☆出題内容


・現代文は「評論文」からの出題が多い。試験日程によっては、随筆の出題もある。
・出題テーマは、文化、歴史、社会、芸術、哲学など多岐にわたる。


☆対策


現代文は評論文の出題が中心です。
出題テーマは、文化・歴史・芸術・哲学など幅広く出題されます。

入試本番で初見の問題が出されても解けるように、
さまざまなタイプの評論文に慣れておくことも大事です。

新聞の文化欄の評論や新書などを読んでおくことも必要です。
また、評論文の読解は、「逆説や指示語の内容に注意しながら読む」、
「段落ごとに主旨をとらえながら読む」などがポイントです。


紛らわしい選択肢に注意


現代文は、問題は標準レベルですが、紛らわしい選択肢があるので要注意です。
選択式問題の対策としては、過去問はもちろん、センター試験の過去問も活用する方法もあります。
また、選択問題でミスしない解答テクニックを身につけることも重要です。


☆漢字


漢字の読み・書き取り問題は必出です。
ここで点数を落とすと痛いので、十分な対策が必要です。
入試頻出の漢字問題集などを1冊仕上げておくことが目安です。

さくら学習院
塾長 内山裕崇


【重要】「もう少し大学受験について知りたい!」という方へ【重要】

もう少し大学受験について知りたい!志望校について相談したい!という方は、お気軽に教室までご連絡下さい!

メール・お電話どちらでもご相談をお受けいたします。

「マイベストプロを見て電話したのですが…」

と受付に伝えて頂ければ、大丈夫です。

ご連絡は、下記のダイヤルまで!
------------------------------------------------------
さくら学習院
塾長 内山裕崇

〒180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-19-202
さくら学習院

TEL:0422-23-7707

サイト : http://universita.jp
お問合せ: 〔担当〕 内山 : info@universita.jp

★塾長の熱血ブログはこちら↓
http://ameblo.jp/universita/

【大学受験】吉祥寺 個別指導 塾 受験 補習 学習塾【AO入試】
------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

内山裕崇

内山裕崇(うちやまひろたか)

内山裕崇プロのその他のコンテンツ

Share

内山裕崇プロのその他のコンテンツ