まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
松本美紀子

幅広い資格を持つ知的な和装研究家

松本美紀子(まつもとみきこ)

彩華文化学院

お電話での
お問い合わせ
03-3382-5767

コラム

雨の日に着物を着ていく時の注意点

2014年3月15日 / 2014年11月17日更新

東京・中野の着付け教室「彩華文化学院」の松本美紀子です。

2014年も3月に入り、厳しい寒さも少し和らいできたような気がします。
3月、4月は別れと出会いの季節ですね。

子供の卒園式や卒業式、はたまた入園式や入学式などに、
着物で出席される方もいるかと思います。

そこで困るのが、当日の天候。
着ていく着物が決まっているにも関わらず、
雨だからといって洋装に着替えるのも勿体ないですよね!

生徒さんからも質問を受けますが、
本日は雨の日、着物を着ていく際に注意すべき点をご紹介します。

雨の日に着物を着る時の注意点


ポリエステルや綿の着物は洗うことができるので雨の日でも心配ありませんが、
卒業式や入学式では少し不向き……。
そこで、雨の対策をしっかり整えて出掛けましょう。

基本的には、雨コートや換えの足袋を持参すれば、
不測の事態でも対応はできます。

雨コートは、着物の上から羽織ります。
着物が下から出ず、ひきずらない丈がちょうどいいでしょう。

購入を考えている方は、長めの丈のコートを買って、
自分で裾の丈を縫って調節されても良いかと思います。

足元は雨下駄・雨草履があります。
普通の草履を会場で履き替えるように手に持って、
雨草履を履いて移動されると良いでしょう。

しかし、若干の宣伝が入ってしまいますが、
私も常々「履き替えるのが面倒だなぁ」と思っていたタイプ。

そこで、晴雨兼用の草履に、取り外しのできる雨カバーを開発しました。
私と同じように「めんどくさがり」な方に、お勧めします!
※商品名「美人のつま先」

また、下駄に慣れていない方、特に雨の日はご注意下さい。
滑って転んだりする危険性もあります。

本学院の生徒さんからも、
卒業式や入園式、結婚式や葬儀の着物の支度や注意点などについて、
質問を受けることもあります。

しっかりとした知識と技術を丁寧に指導しますので、
行事の予定がある方は是非、お問い合わせ下さい!

次回は「卒業式や入学式に着ていく着物」についてお伝えします。


。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。
2014年度も多数のイベントを行います!

彩華文化学院では、今年もさまざまなイベントを開催しています。
2014/1/26にも、新宿の京王プラザホテルにて「新春の集い」を開催しました。
生徒さんや関係者で、和やかで楽しい時間を過ごしました。

雰囲気が伝わればと、写真を掲載させて頂きます。
次回開催の際には、皆様も是非、参加してみませんか?













この記事を書いたプロ

松本美紀子

松本美紀子(まつもとみきこ)

松本美紀子プロのその他のコンテンツ

Share

松本美紀子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3382-5767

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松本美紀子

彩華文化学院

担当松本美紀子(まつもとみきこ)

地図・アクセス

松本美紀子のソーシャルメディア

facebook
facebook

松本美紀子プロのその他のコンテンツ