マイベストプロ東京
高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(たかいしげる) / ファイナンシャルプランナー

高伊FP社労士事務所

コラム

定年を迎える人に役立つ書籍-10

2022年5月14日

テーマ:ライフプランセミナー

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: ライフプラン 相談

【定年を迎える人に役立つ書籍-10】

前回、資格を持って独立起業している人を支援
している片桐実央さんの本を取り上げましたが、
定年を迎える人に役立つ書籍の10冊目は、
前川孝雄さんの本をご紹介します。

前川さんの「50歳からの~」シリーズ1冊目である
2019年発売の『50歳からの逆転キャリア戦略』
サブタイトル:「定年=リタイア」ではない時代の
一番いい働き方、辞め方(PHPビジネス新書)です。

帯にある
「定年まで我慢」でも「早期退職」でもない
第3の道がある!
は、本書を読むことでわかります。

「はじめに」の項目に注目です。
前川さんの説に納得することばかりです。

・「定年=リタイア」ではない時代がやってきた
・しがらみから解放され、やりたい仕事ができる未来を
つかもう
・第2・第3の職業人生に向け、会社は「学びの宝庫」だ
・今の会社の仕事を学んでおくと、先々の転職・独立に
とても役立つ
・自分の人生のハンドルを自分で握る「キャリア自律」を
 まず実現する





さて、章立ては、次のとおりです。

第1章:まだ辞めてはいけない人たち
 ―もしいま早期退職したらどうなる?
第2章:「お金、肩書き」から「働きがい」へ
 ―人生後半戦のキャリアの考え方
第3章:会社は「学び直しの機会」に溢れている!
 ―辞める前にできることはまだまだある
第4章:50歳からの働き方を変える「7つの質問」
 ―筆者・前川孝雄の七転八倒体験から
  人生後半戦の働き方を考える

筆者は、人生後半戦に必須の3条件を、次のように
挙げています。
「大企業を飛び出して起業した経験者の立場で
言わせていただくと、「健康」と「友だち」と「希望」
さえあれば大丈夫」


第4章で、50歳からの働き方を変える「7つの質問」
のひとつとして、次のものがあります。
「自分の人生があと1年だとしたら、何をやりたいですか?」

5年、10年先のことではありません。
あと1年と限定することで、これからの人生を真摯に
考えることができるでしょう。


本書で繰り返し述べているのは、
「ミドルのあなたが、環境の変化でキャリアの転機を
迎えようとしていることを感じたとしても、安易に会社を
辞めてはいけない」


なお、ミドル・シニア世代にとっての働きがいを
考える上で大いに参考になる映画として
「マイ・インターン」を紹介してくれています。
主人公は、退職後に無聊をかこっていた70歳の設定です。
お陰で、わたしも久しぶりに観ることができました。




Amazon 『50歳からの逆転キャリア戦略』
https://www.amazon.co.jp/50%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E9%80%86%E8%BB%A2%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%88%A6%E7%95%A5-%E3%80%8C%E5%AE%9A%E5%B9%B4-%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E4%B8%80%E7%95%AA%E3%81%84%E3%81%84%E5%83%8D%E3%81%8D%E6%96%B9%E3%80%81%E8%BE%9E%E3%82%81%E6%96%B9-PHP%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%89%8D%E5%B7%9D/dp/4569845584/ref=sr_1_2?crid=2ZY0L0N03L3L8&keywords=%E5%89%8D%E5%B7%9D+%E5%AD%9D%E9%9B%84&qid=1652356490&sprefix=maekawa+%2Caps%2C173&sr=8-2

この記事を書いたプロ

高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(高伊FP社労士事務所)

Share

関連するコラム