マイベストプロ東京
高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(たかいしげる) / ファイナンシャルプランナー

高伊FP社労士事務所

コラム

“人生は今日が始まり” 「傾聴の三動作」

2022年1月15日

テーマ:田中真澄先生

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: ライフプラン 相談

15日は「傾聴の三動作」です。

「話三分に聞き七分
うなずき、あいづち、驚きの表情」

豊かな人間関係を作るには、挨拶、返事、
後始末。賞賛とお伝えしました。

そして、会話をすることにより相手の良さが
分かりますね。
では、会話をするときに、あなたと相手は
どのくらいの割合で話をしているでしょうか。

5対5の割合でしょうか。

人は、自分のことを知ってもらいたい、覚えて
もらいたいとの願望があり、どんどん自分の
ことを話したいものです。

したがって、気がつかないと、自分主導で
話をしているものです。そのため、5対5では
なくて、8対2くになっていることもあります。

イーブンの5対5にするためには、自分が
3で相手が7の割合を強く意識することに
より、お互いが同じくらいになるものです。


先日のセミナーで、若い人から、お年寄りとの
取引を推進するときの注意点を訊かれました
ので、「お話を聴いて差し上げましょう」と
お答えしました。

セールスで、一所懸命商品の説明をする人と、
お客様の悩みや希望を聴く人とでは、どちらが
成績を上げるでしょうか。

皆さま、お分かりですよね。お客様の話を
熱心に聞いたセールスマンの方ですよね。

熱心に話をお聴きしていますよ!つまり、傾聴
していますよと話をしている人に分かってもらう
ためには、「うなずき」「あいづち」そして「驚きの
表情」をしましょう。

熱心に聞いてくれていると分かれば、嬉しくて
さらに話をしていただけます。
それが、営業成績につながります。


「話三分に聞き七分
うなずき、あいづち、驚きの表情」


田中真澄先生の著書はどれも素晴らしいものです。
どの本も繰り返し読むことで、その都度教えて
いただくことが湧き出てきます。


『田中真澄のパワー日めくり 人生は今日が始まり』には、
田中真澄先生の31の珠玉の言葉と解説がついています。
一日一言の積み重ねが、最高の生き方に変わります。

ぱるす出版:http://www.pulse-p.co.jp/

この記事を書いたプロ

高伊茂

相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

高伊茂(高伊FP社労士事務所)

Share

関連するコラム